まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

キルスティン・ダンストさん、お金のためにスーパーヒーロー映画に戻ると語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

サム・ライミ監督の映画「スパイダーマン」シリーズ(2002年~2007年)でヒロインのメリー・ジェーン・ワトソンを演じたキルスティン・ダンストさんが、海外メディア Marie Claire とのインタビューに応じ、スーパーヒーロー映画に戻る可能性について率直に話しました。

sponsored link
 

現在、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)が過去に他社でつくられた映画を取り込んでいる事や、DCスタジオがユニバースを刷新しようとしている事に関して、これらに出演する可能性について質問されたキルスティン・ダンストさんは「もちろんです。」と一言で認めました。

「なぜなら、多くのお金がもらえるし、私には2人の子供がいて、母も養っているからです。」

このストレートな発言はハリウッドスターとしても珍しく、芸術性よりも財政的な理由だとしたダンストさんの発言をSNSは「本物」だと称えて注目を集めていると、Comicbook.com などが報じています。

「私がなりたいのはアーティストではありません。」と同インタビューで発言するダンストさんは、20代後半あたりから岐路に立たされていた事に気づいたと言います。

「正直に言うと、私はちょっと演技しすぎていたんです。それは自分のためではなく、他人のためだと感じていたからです。」

演技コーチのグレタ・シーキャット氏と一緒にトレーニングを始めた頃から、この状況は変化したと言います。彼らは一緒にダンストさんの夢を分析し、彼女の登場人物たちに情報を提供します。この方法により、ダンストさんは自分の技術に新たなレベルの自信を得ることができたと説明しました。

「自分が演じている選手にしっかりと根付いていると感じられるので、間違ったことはできないんです。最近は緊張はしていません。今はセットですべてを共有するのにくつろいでいます。」

しかし、2002年の「スパイダーマン」の撮影現場で陰口を叩かれた経験を思い出し、次のように語っています。

「冗談なんでしょうけど、スパイダーマンの撮影では、時折、無線で私を『ガーリーガール』って呼ぶことがありました。『ガーリーガールが必要だ』って」

当時のクルーの口調を真似てそう言うダンストさんは、「でも私は何も言えませんでした。」と続け、そんなふうに言わないで欲しいと思いながらも MeToo運動以前のハリウッドの現場で「何も言えずにただ受け入れていた」と、以前の現場には不快感があったと説明しました。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公開当時、メリー・ジェーンの再演に興味を示していたキルスティン・ダンストさんは、「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」出演に向けて交渉中だと報じられた事もありました。

「ノー・ウェイ・ホーム」に登場したトビー・マグワイアさん演じるピーターはMJと距離を置いているとも話していましたが、「シークレット・ウォーズ」にMJが登場するとなれば、どのような形になるのでしょうか。

ソース:Kirsten Dunst Is Back in Action

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ディズニープラスでソニーのスパイダーマン映画が見られるようになるかも? ─ ラテンアメリカ向けの広告内でスパイダーマンが発見される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニーが展開する動画配信サービス「ディズニープラス」では、その子会社であるマーベルの人気映画シリーズ、MCU(マーベル・シネマティック・ユ …

ブリー・ラーソンさんがパリのアベンジャーズキャンパスへ訪問した動画を公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」で主人公キャプテン・マーベル/キャロル・ダ …

映画「マーベルズ」、イマン・ヴェラーニさんがチャンピオンズ結成やコミック版のメンターについて言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のラストではミズ・マーベル/カマラ・カーンが新チーム …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」の早い段階でS.W.O.R.D.が登場する予定だった

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日、好評価をもって終了したABC制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」のエグゼクティブ・プロデューサーであるジェフリー・ベルさんが、C …

トム・ホランドさんに新たな動き?ソニー、マーベル・スタジオと新たな契約の可能性

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 海外メディア The Cosmic Circus がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じた …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。