まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【映画紹介】「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ストーン争奪戦いよいよ開幕【MCU Vol.19】

投稿日:2020年3月29日 更新日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。

2018年公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の19作目で、
フェーズ3の11作品中の7番めの作品です。

MCUシリーズ 前作はこちら

アベンジャーズシリーズ 前作はこちら

冒頭のあらすじ

重要なネタバレを避けて敢えてあらすじを言うとすれば、

「インフィニティ・ストーンを狙って地球にやってくるサノスを、みんなでやっつける物語」

というシンプルな内容です。

見どころ

これまでのMCU18作品の集大成のひとつ、インフィニティ・ウォー。
映画公開からは時間が経っていますが、未見の方のためにこれまでの紹介記事同様、物語の核心には触れないでおきます。

ちなみに公開当時は、公式でもネタバレ防止を促進するために「#ThanosDemandsYourSilence 」「#サノスは沈黙を求める 」キャンペーンを展開していました。

インフィニティ・ウォーでは映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)や「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年)以来にヒーローが多数登場します。

これまでになかったヒーローの組み合わせによるコンビネーションなど、アクションシーンの見ごたえは十分です。

ストーリーに関しては、これまでの作品がこの映画に結びつくように作られており、各作品がいい感じに絡み合ってきます。この作品から見てもお祭り映画としての見応えはありますが、なるべく多くのMCU作品を見てからインフィニティ・ウォーをご覧になることをオススメします。そして最後には99%予想を裏切られる、と前評判だった結末が待っていますので、ぜひ鑑賞してみてください。

もちろん、エンドクレジットも要チェック!

インフィニティ・ストーン

この映画の鍵になるインフィニティ・ストーンについては復習しておきましょう。 インフィニティ・ストーンは、6つの異なる概念を司るエネルギーの結晶石。宇宙が生まれる前に存在した6つの特異点が、ビッグバンによる宇宙創生時に変化し誕生したものです。

この話は映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014年)で語られています。

スペースストーン

空間を司るストーンで、ふたつの空間をつなげるワームホールを作ったり、テレポートしたり出来ます。

MCUにおいて一番多く登場したストーンで、テッセラクトや四次元キューブと呼ばれています。どのような移動をしたか見ていきましょう。

・宇宙と同時にストーンが誕生 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014年)

・神話の時代 氷の巨人ラウフェイがテッセラクトを創造
・同じく神話時代 地球でオーディンとラウフェイが戦った後、オーディンが箱だけアスガルドに持って帰ります。 映画「マイティ・ソー」(2011年)

・1942年頃 キューブを保管していた教会を襲撃し、レッドスカルがキューブを入手。その後キャプテン・アメリカと激闘の末、レッドスカルはどこかへ転送。キューブは海中に落ちるもハワード・スタークが回収。 映画「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」(2011年)

・ハワードとペギー・カーターが中心となって設立したSSR(S.H.I.E.L.D.の前組織)にて保管。

・2012年 セルヴィグ博士がS.H.I.E.L.D.内で研究。ロキが強奪するもアベンジャーズとの対決の末、ソーがアスガルドに持ち帰り、アスガルドの宝物庫にて保管されます。 映画「アベンジャーズ」(2012年)

・2017年 ラグナロクが起きた際にロキが宝物庫から持ち出し、ソーやアスガルドの民と一緒に宇宙船に乗り地球を目指しました。 映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017年)

以上がスペースストーンのこれまでの足取りです。現在の持ち主はロキ。

マインドストーン

精神を司るストーンで、心を思うがままに操ったりします。最初は杖の形で登場していました。
スペースストーンの次に登場回数の多いストーンです。

・2012年 ロキが地球侵攻する際に、サノスがロキに託しました。アベンジャーズとの決戦の後、S.H.I.E.L.D.が回収します。 映画「アベンジャーズ」(2012年)

・2015年 杖がヒドラに奪われていた事がわかり、回収します。トニーのウルトロン計画で杖に石が組み込まれている事がわかり、その後ヴィジョンの額に組み込まれています。 映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)

以降はヴィジョンが持ち主と言える状態です。

リアリティストーン

現実を司るストーンで、現実を幻影にしたり、幻影を現実にしたりします。
エーテルと呼ばれていました。

はるか昔、ダークエルフのマレキスがリアリティストーンを用いてエーテルを作成しました。ボー(オーディンの父、ソーの祖父)とマレキスが対決し、エーテルをアスガルドの地中深くに封印します。
2013年、惑星直列により発生した重力異常によって転送されてしまったジェーン・フォスターがエーテルに接触。体内に取り込んでしまい、マレキスに狙われてしまいます。ソーとマレキスの対決の末エーテルを回収しますが、四次元キューブと一緒に保管するのは危険とし、コレクターに預けました。 映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2014年)

パワーストーン

力を司るストーンで、星ひとつ簡単に砕くと言われています。
オーブと呼ばれていたアーティファクトの中に、ストーンが入っていました。

ピーター・クイルが廃墟の惑星モラグから盗み出しましたが、クリー人のロナンの手に渡りました。ガーディアンズとロナンの決戦後、ザンダー星のノヴァ軍に預けてガーディアンズは去ります。 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014年)

タイムストーン

時間を司るストーンで、時間を操ることが出来ます。
初代ソーサラー・スプリームのアガモットが作ったペンダント「アガモットの目」に組み込まれており、現在ドクター・ストレンジが継承しています。 映画「ドクター・ストレンジ」(2017年)

ソウルストーン

魂を司るストーンで、謎につつまれています。MCUではまだ登場していないストーンです。

キャラクター

アベンジャーズ

ソコヴィア協定に署名した、正規のアベンジャーズ。今ではトニーとローディー、たった二人になってしまいました。結局トニーは国連の指示を待つことなく動いてしまいます。

アベンジャーズ候補生

スパイダーマンことピーター・パーカーはアベンジャーズ参加を夢見てヒーロー活動をしていました。バルチャーとの決戦後、トニーにアベンジャーズに正式に招待されましたが、ピーターは自身の未熟さを思い知り辞退、引き続き個人でのヒーロー活動に勤しんでいました。(映画「スパイダーマン:ホームカミング」を参照)

シークレット・アベンジャーズ

ソコヴィア協定に反対した結果、犯罪者として追われる身になった元アベンジャーズのヒーローたち。キャップ、ファルコン、ナターシャ、ワンダは指名手配中。ヴィジョンは賛成派でしたが、ワンダを気にかけ一緒に逃亡生活を送ることに。

ソー&ハルク

アスガルドから脱出し地球へ向かう途中で、サノスの宇宙船が近づいてくるところで終わっています。(映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」)

ワカンダの戦士たち

ティ・チャラとドーラ・ミラージュのオコエ隊長、ジャバリ族のエムバクを代表とする戦士たち。ボーダー族のウカビの姿は見当たりません。洗脳を解くために冷凍睡眠していたバッキーもここにいます。(映画「ブラックパンサー」)

ガーディアンズ

エゴを倒した後も銀河を駆け巡り、独自に活動中。マンティスが合流し、ネビュラは再びサノス暗殺へと向かいました。(映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」)

マスターズ・オブ・ミスティックアーツ

地球を脅威から守っている魔術師たちの集団。映画「ドクター・ストレンジ」の頃よりもさらに強力な魔法を身に着けているようです。

サノス/演:ジョシュ・ブローリン

本作のメインヴィラン。すべてのインフィニティ・ストーンを集めて、ある目的を実行しようと企んでいます。制作陣が「本作はサノスの映画」というように、主人公的な側面もあります。

ブラックオーダー

自らをサノスの子と称する、サノスの親衛隊。左上が戦略家で闇の魔法を操るエボニー・マウ。右上が槍を操るブラックオーダー最強の女戦士プロキシマ・ミッドナイト。左下がパワータイプのカル・オブシディアン。右下がサノスの副官でもある戦士コーヴァス・グレイヴ。
なおコミックでは5人組でスーパージャイアントという女性がいますが、名前のわりには大きくないし能力も腕力系ではなくてテレパス系。

©MARVEL

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

マーベル・スタジオが2023年に「サンダーボルツ」の制作を開始すると報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが「サンダーボルツ」の実写化について2023年から制作を開始すると、海外メディア GWW が報じました。これまでのMCU(マ …

映画「エターナルズ」、ポストクレジットシーンにはキャプテン・アメリカが登場するプランがあった事が明かされる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現在劇場公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のポストクレジットシーンに、当初はキャプテン・アメリカ/サ …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」新予告が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」の新たな予 …

映画「アイアンマン」15周年を記念した動画が公開、RDJが本来ドクター・ドゥームをやるはずだった事が認められる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン」の公開15周年を記念して、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ …

映画「DUNE/砂の惑星」ドゥニ・ビルヌーブ監督がマーベル映画を「コピペに過ぎない」と批判

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ワーナー・ブラザース配給で10月公開予定の映画「DUNE/砂の惑星」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、海外メディア el mundo(スペイン誌)と …

PREV
映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」から削除シーンの写真が公開 ─ ストレンジをサポートするワンダの姿
NEXT
映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」よりエレメンタルズの未使用コンセプトアートが公開

  1. […] 【映画紹介】「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ストーン争奪戦いよいよ開幕【MCU Vol.19】 MCUの映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の紹介記事です。ネタバ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。