まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」のBlu-rayの米国発売が9月14日と報じられる ─ ボーナスコンテンツについても明らかに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」はディズニープラス会員でなくても近々自宅で視聴できるようになるかもしれません。海外メディア The Hollywood Reporter のライターBorys Kitさんは、「ブラックウィドウ」が 2021年8月10日 にすべてのデジタルプラットフォームで購入できるようになるとツイートしました。2021年9月14日には、4K Ultra HD、ブルーレイ、DVDといったディスクが市場に出回るとの事。また、ボーナスコンテンツについても明らかになりました。

※この記事は映画「ブラックウィドウ」のネタバレが含まれています。


「ブラックウィドウ」のディスク版には、ブルーパーリール(NGシーン集)、9つの削除されたシーン、および3種類のフィーチャレットが含まれるとの事。

削除シーンについては以下のとおりです。

  • 食料品の買い物:ナターシャがノルウェーでの旅の準備のために食料品店に向かうシーン。長時間のドライブの後、彼女は目的地である人里離れた場所にある謎のトレーラーに到着する。
  • バイクチェイス:襲撃犯に追われたナターシャとエレーナは、敵から逃れるために街中を疾走する。
  • 収容所での戦い:アレクセイは複数の敵と対決し、すぐに打ち負かされてしまう。そんな時、ナターシャが手を貸してくれる。
  • スマイル:緊迫した場面でタスクマスター・プロトコルが作動し、象徴的なヘルメットが披露される。
  • Come After Me:ロス長官とメイソンは、ナターシャが残した重要なメッセージを発見する。
  • ウォーク&トーク:アレクセイとメリーナは遊び心のあるやりとりをする。タスマスターが到着し、アレクセイと対決する。
  • トレーニング中のウィドウズ:監禁されていたエレーナとアレクセイが目覚める。メリーナはタスクマスターに小瓶を渡し、ウィドウズは訓練を受ける。
  • キス:アレクセイとメリーナは行動の後に再会する。ナターシャは残酷な余波の中で早すぎる死を悲しむ。
  • オハイオ:ナターシャは近所の子供たちを通して、オハイオ郊外ののんびりした自然を目の当たりにする。

フィーチャレットではナターシャ役スカーレット・ヨハンソンさん。エレーナ役フローレンス・ピューさんのトレーニング映像やスタントワークなどが紹介されるとの事です。

これらは米国での商品内容であり、日本での発売日、商品内容については今の所不明です。

また、ディズニープラス会員向けの無料配信については 2021年10月6日 からと発表されていますが、こちらも日本での配信日は不明です。

sponsored link
 

映画「ブラックウィドウ」は劇場公開中 & ディズニープラス・プレミアアクセス配信中です。

ソース:Black Widow: 9 Deleted Scenes Descriptions Revealed

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

Time誌「最も影響力のある100人」スカーレット・ヨハンソンさん、クロエ・ジャオ監督、ダニエル・カルーヤさんが選出

米国のニュース雑誌タイムによる2021年の「世界で最も影響力のある100人」にスカーレット・ヨハンソンさん、ダニエル・カルーヤさん、そしてクロエ・ジャオさんが選出されました。3人はマーベル・スタジオ制 …

ジモ不在の映画「サンダーボルツ」について、ダニエル・ブリュールさんは「僕は死んでいない」と語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」が先日開催された D23 Expo 2022 で発表され、メインキャラのアートが公開されましたが、コミック …

【噂話】MCU版「スパイダーマン3」はホームシックではない?

先日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマン3作目のタイトルがホームシックになる可能性が報じられましたが、一転してまだ判らないと海外メディアのDirectが報じています。 記事 …

「スパイダーマン」3作、「アメイジング・スパイダーマン」2作、MCUの「ホーム」3部作が米国で再上映へ

ソニー・ピクチャーズがコロンビア・ピクチャーズの創立 100 周年を記念して、サム・ライミ監督、トビー・マグワイアさん主演の「スパイダーマン」(2002年)からの映画8作品を4月から劇場で再公開する事 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、トム・ホランドさんが本作のエンディングについて語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演を務めたトム・ホランドさんとゼンデイヤさんが Marvel.com とのインタビューに応じ、本作の「ほ …

PREV
マーベルの公式ストア「SHOP MARVEL」が7月30日にオープン
NEXT
ペイトン・リード監督が映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の本格的な撮影の開始を報告

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。