まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」公開、その内容を受けて再びRecastTchallaがトレンドに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」が先日劇場公開され、土曜日午前時点のデータで1億7500 万ドルから1億8500 万ドルの米国内興行収入を記録しています。現状では「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に匹敵し、「ソー:ラブ&サンダー」を上回っていますが、以前にもトレンドになった運動が再び巻き起こっています。

※これより先は「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

本作は CinemaScore でA評価を獲得(前作はA+)、Rotten Tomatoes では84%(前作は96%)と前作と比べるとやや低下しているものの、MCU他作品や他の全ての映画とくらべても好評となっています。しかしながら全ての人が満足しているわけではありません。

「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」はこれまでMCUでブラックパンサー/ティ・チャラを演じてきたチャドウィック・ボーズマンさんの死を受けて、ディズニーとマーベル・スタジオはティ・チャラの代役をたてずに制作すると発表し、当時それに反対する #RecastTchalla や #SaveTchalla といった運動が始まりました。

結局この運動が制作側にどう受け取られたかは不明ですが、作品はボーズマンさんの死に添って、ティ・チャラも死んだという脚本で物語が展開しました。

これに対して偉大な俳優の死を物語の一部として利用するべきではないと言った意見が噴出し、中には本作において「世界一の技術先進国に生まれ、強さ、速さ、耐久力、感覚、耐病性に優れた人が死ぬような病気とはどういったものか一切説明がなかった」との指摘をする人物もいます。

また、チャドウィック・ボーズマンさんが過去のインタビューで「ティ・チャラをジェームズ・ボンドのように様々な人が演じたくなるようなキャラクターにしたい」と語っていた事が無視されていると言った意見も見受けられます。

他にも、スパイダーマン/ピーター・パーカーやスーパーマン/クラーク・ケントといった超有名キャラクターのように色んな人が演じてもいいじゃないかと言った意見は数多くあり、再び今回のリキャスト運動に繋がったようです。

チャドウィックさんの兄弟であるデリック・ボーズマンさんは、「チャドウィックはティ・チャラがMCUに継続することを望んでいただろう」と以前にTMZに語っており、これはティ・チャラ王に息子が生まれており、ティ・チャラ王子として残されていた事である種叶えられています。とは言え息子という設定では少し意味合いが違うという意見もあり、賛否両論になっています。

結局のところ、リキャストしようがしまいがすべての人が満足する事は出来ないため、クリエーターは作りたいと思った作品を作るべきであり、消費者側は自由に称賛したり文句を言ったりできればいいと思います。

本作ではシュリが家族との別れに向き合う事が出来ましたが、彼女の行動原理には謎な部分も多く、どちらかといえばヴィランのような立ち回りであり、心の成長といった部分は描かれていませんでした。また、兄ティ・チャラからヒーローとしての何を学んだのかという点も曖昧で、今後シュリがどのような成長を遂げていくのか期待される所です。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は劇場公開中です。

ソース:Unhappy Marvel Fans Reject Black Panther 2 Plot, Make ‘Recast T’Challa’ Trend on Opening Weekend

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ソニー・ピクチャーズはまだ「シニスター・シックス」の計画を維持していると報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズは打倒スパイダーマンを掲げる6人からなるヴィランチーム「シニスター・シックス」の実写化計画を維持していると海外メディア D …

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ2」のレゴリークによりヴィランが明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」 …

映画「ファンタスティック・フォー」、プロデューサーがサプライズを示唆

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのネイト・ムーア プロデューサーが海外メディア Deadline とのインタビューの中で、現在開発中のMCU(マーベル・シネ …

映画「ブラックウィドウ」脚本家がトニー・スタークのカメオの計画があった事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の脚本を担当したエリック・ピアソンさんが、 Phase Zero ポッ …

2021年以降のマーベル映像作品、公開、配信日まとめ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2020年12月12日現在の、今後のマーベル映像作品の公開日、配信日のまとめです。マーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。