まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】MCU「スパイダーマン4」ジョン・ファヴロー監督とサム・ライミ監督が候補に追加

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン4」は現在、監督が不在のまま開発がすすめられているとされていますが、MCUで「アイアンマン」を制作したジョン・ファヴロー監督と、トビー・マグワイアさん主演の「スパイダーマン」三部作を手掛けたサム・ライミ監督が新たに候補に追加されていると報じられています。

sponsored link
 

海外メディア World of Reel は過去に報道があった3人の監督の現状について言及。

まず、MCUの「スパイダーマン:ホームカミング」「ファー・フロム・ホーム」「ノー・ウェイ・ホーム」の三部作を手掛けたジョン・ワッツ監督について、ジョージ・クルーニーさんとブラッド・ピットさんの最新共演作「ウルフズ」の制作のために戻ってこないだろうと言います。

ながらく噂の人物だった「キャビン・イン・ザ・ウッズ」のドリュー・ゴダード監督については、今年に入ってから「マトリックス」の映画最新作への関与が報道されており、こちらも可能性がかなり低いと指摘。

そして噂の報道から一ヶ月もたたない「ワイルドスピード」シリーズや「スター・トレック BEYOND」のジャスティン・リン監督について、MGMのスリラー映画「Stakehorse」の制作にあたるため、こちらも参加出来ないだろうとしています。

そして、現在マーベルとソニーが検討しているのがジョン・ファヴロー監督とサム・ライミ監督だと報告。

ジョン・ファヴロー監督は2008年の「アイアンマン」とその続編映画「アイアンマン2」に携わった他、俳優としてもハッピー・ホーガンを演じ、スパイダーマン映画にも登場。MCU全体的にもスパイダーマンの世界観も理解が進んでいる人物のひとりです。

サム・ライミ監督については交渉中ともしながら、彼はホラー・スリラー映画「Send Help」の監督に執着しているとして、これを後回しにして「スパイダーマン4」を引き受けるかもしれないと言います。

ただし監督自身は「トム・ホランドよりもトビー・マグワイアを撮りたい」と公言しており、制作に参加する条件として「ノー・ウェイ・ホーム」に続いて4作目にもトビー・マグワイアさんの出演を希望しているかもしれません。

他に候補に挙がっている可能性がある人物として、ジョン・フランシス・デーリー監督とジョナサン・ゴールドスタイン監督を紹介。彼らは「ゲームナイト」、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を制作し、2017年の「スパイダーマン:ホームカミング」の脚本に参加していました。

先日は「スパイダーマン4」のプロデューサーが質問の拒否をする一面がありましたが、すでに監督が内定しているのでしょうか。続報にも注目です。

ソース:Sam Raimi in Contention to Direct MCU’s ‘Spider-Man 4′

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、他にも二人のブラックパンサー候補がいた事が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の共同脚本を務めたジ …

【公式ネタバレ】ソニーベトナムが「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」に登場する実写ユニバースを紹介

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作の大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」にとある実写映画ユニバースが登場すると、ソニー・ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の削除された残忍なシーンの絵コンテが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の幻のオー …

【噂話】「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、日本とアダマンチウムの関係が再度報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で紹介され …

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」、米国でBlu-rayの予約が開始

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズの大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」が米国で現地時間の2日から劇場公開され、それに伴って …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。