まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

マーティン・フリーマンさんがドラマ「シークレット・インベージョン」はこれまでのMCU作品とは一線を画すと予告

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でCIA捜査官のエヴェレット・ロスを再演しているマーティン・フリーマンさんが、次の登場作となるドラマ「シークレット・インベージョン」について、これまでのMCU作品とは一線を画す事になると語りました。

sponsored link
 

マーティン・フリーマンさんは海外メディア Digital Spy とのインタビューの中で、2023年ディズニープラスで配信予定の「シークレット・インベージョン」は過去に出演した「ブラックパンサー」、「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」と比べて「今まで見てきた作品とはかなり違う感じがします。一線を画すような。そうだね、うまく表現できないけど。でも、まだ脚本を全部は読んでいません。」と述べました。

そして本作が映画ではなくドラマ形式である事について、「テレビの性質上、物事をもう少し贅沢に楽しむことができます。そのため、厄介な問題を解決するための時間がより多く取れるようになり、それが現在のテレビの素晴らしいところです。」と語りました。

さらに本作の持つトーンについて「実際、少し濁っているんです。ちょっと泥臭いというか。ストーリーテリングの面ではかなり迷宮的で、多くの人々が互いに交差しています。」と複雑で先の見えない展開になる事を予告しました。

最後に「ブラックパンサー」シリーズから本作へと、ロスというキャラクターを引き継ぐのはどのようなものだったか質問されたフリーマンさんは「僕は彼らが行けと言うところならどこへでも行きますよ。そういう意味では、僕はロスと少し似ているんです。私はあっちに行ったりこっちに行ったりするエージェントと同じです。ただ、彼を演じるのが好きなんです。アクションあり、スパイあり、おしゃべりあり、走り回ることもあり、どんな状況でも演じられますよ。彼は基本的に善良な側でありたいと願っていますが、常に曖昧なところがあります。曖昧なんです。人生は曖昧なものだと思うから、それを楽しんでいるんです。」と説明し、ロスは主人公ではない脇役であるとしつつも、間違いなく価値のあるいい役だと語りました。

「シークレット・インベージョン」はロシアを舞台にしているとされていますが、「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」で最後にロスを見たのはアメリカであり、オコエに救出された事でワカンダで保護される予感がある映像で終わっています。そこからどういった経緯で別の国へ移動し、フューリー達と出会う事になるのでしょうか。

ドラマ「シークレット・インベージョン」は2023年春にディズニープラスで配信予定です。

ソース:Black Panther Wakanda Forever star teases Secret Invasion is unlike anything Marvel has done before

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、在り続ける者のキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン1の最終話に登場した「在り続ける者」のキャラクターポスターが公開されました。ジョナサン・メジャーズさんが演じた「在り続ける者」の変 …

ドラマ「ロキ」シーズン2は全てのキャストが戻るとトム・ヒドルストンさんは言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2の主演を務めるトム・ヒドルストンさんが、ジミー・キンメル・ライブに出演し、前作のキャストが全て戻ってくる …

【噂話】映画「デッドプール3」にトム・ヒドルストンさんが出演すると言う

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」にトム・ヒドルストンさん演じるロキが登場すると、海外メディア Giant Freakin Robot …

ドラマ「ホークアイ」、2話のイースターエッグをピックアップ

2021年11月24日、ディズニープラスで配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」シーズン1エピソード2「かくれんぼ」のイースターエッグを中心に原作コミックの設定 …

「ワーウルフ・バイ・ナイト」の監督としてスパイダーマン作曲家マイケル・ジアッキーノさんが起用されていると報じられる

2022年のハロウィンスペシャルとして予定されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ワーウルフ・バイ・ナイト」の監督として、「ドクターストレンジ」や「スパイダーマン:ホームカミング」 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。