まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は二人のブラックパンサーが描かれる予定だった

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作の公開中の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の主演を務めたレティーシャ・ライトさんが Empire Podcast に出演し、当初の計画では本来主演を務めるはずだったチャドウィック・ボーズマンさん演じるティ・チャラと、妹シュリの二人のブラックパンサーが同時に登場するはずだったと明かしました。

sponsored link
 

初めてスーツを着た時の感情について聞かれたライトさんは、「ほろ苦い気持ちでした。シュリは元々ブラックパンサーになる予定でした。しかしティ・チャラがシュリの側にいるという別な方法で行われる計画だったんです。コミックのようにティ・チャラとシュリが互いにブラックパンサーとなり、国を守る方法をそれぞれで探るはずでした。」と当初の計画を明かしました。

また、計画が変更された事について「しかし、残念ながらそうはいきませんでした。責任も重さもわかっていたけれど、ただただほろ苦く、何度も苦しみました。でも、自分自身をとても誇りに思うし、素晴らしいサポートにも恵まれました。」とコメントしました。

当初はネイモアの脅威に対して、ティ・チャラとシュリ、二人のブラックパンサーが異なるやり方で対処していく物語だったようですが、ティ・チャラを演じてきたチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなったことでこのストーリーはキャンセルされてしまいました。

以前の監督のインタビューでは、元の脚本はティ・チャラの息子の目を通して描かれていたとも明かされています。

「ワカンダフォーエバー」でスクリーンに二人のブラックパンサーが並ぶことは実現しませんでしたが、近い将来、シュリの甥が成長した時には再びその機会が訪れるかもしれません。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年11月11日に公開、現在も一部の映画館で上映中です。

ソース:Empire Podcast #544: Lee Unkrich, Rebecca Hall, Antoine Fuqua, Letitia Wright & Tamara Lawrance

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「マーベルズ」のファイナルトレーラーがリリース、秘密のカメオもばっちり公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のファイナルトレーラーが公開されました。ロサンゼルス …

タイカ・ワイティティ監督が貧乏で「マイティ・ソー」ばかり見ていたと明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」や「ソー:ラブ&サンダー」の監督 …

「デッドプール3」でのバンシー再登場はなし?ケイレブ・ランドリー・ジョーンズさんが言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 20世紀FOX制作のマーベル映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」でバンシーことショーン・キャシディを演じていたケイレブ・ランドリー …

ベネディクト・ウォンさんはウォンとネッドの師弟コンビ作品を望んでいる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でソーサラースプリームのウォンを演 …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」にマリア・バカローヴァさんがキャスティング

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に映画「続・ボラ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。