まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にトニーが帰ってくる?大人のモーガン・スタークも戻ると言う

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にロバート・ダウニーJr.さん演じるトニー・スタークが帰ってくると、海外スクーパーの MyTimeToShineHello 氏が報じました。あわせて大人のモーガン・スタークも帰ってくると報告しています。

sponsored link
 

氏はファンからの「ザ・カーン・ダイナスティとシークレット・ウォーズでRDJのトニー・スタークが帰ってくるってほんと?」との質問に対し、「シークレット・ウォーズは正しいけど、ザ・カーン・ダイナスティは違う」と回答しています。

トニー・スタークがどういう状態で戻ってくるのかは不明ですが、ドラマ「アーマーウォーズ」にもトニー・スタークが登場するのではないかと言われています。

あわせて大人のモーガン・スタークも戻るとし、「闇と光の壮大な力が作用するようになりました。良くも悪くも、それがモーガンが成長する方法を見つけなければならない現実です。」と説明しています。

このツイートを引用して別のスクーパー MTVExposed 氏は「カーンを倒すことになるだろう」とモーガンが「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」に登場する事を示唆しています。

大人のモーガンは実際にはMCUに登場しておらず、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にて撮影されていた(Youtube)事が判明しています。以前には米ディズニープラスで特典映像として配信されていたようです。

大人のモーガンを演じたキャサリン・ラングフォードさんは「またいつかモーガンを演じたい」と話しており、2022年6月には新たにスタジオと交渉中であるとも報じられました。

モーガン再登場の可能性は十分にありえるものですが、トニーはまた少し状況が異なります。トニー・スタークの「エンドゲーム」での退場の仕方を考えると、単なる復活では賛否両論分かれることになるのは間違いありません。ただし、マーベル・コミック自体は日本の漫画「ドラゴンボール」のように死んだり生き返ったりがよくある世界であり、MCUにどこまでそれを持ち込めるのかは注目のポイントです。

そしてMCUではフェーズ4で既に死から蘇ったムーンナイトと、死が消失ではない事を明かしたヘイムダルやジェーン・フォスターが紹介されており、トニー・スターク復活の可能性が高いとはいえないがゼロでもない段階に来ているのかもしれません。

映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」は 2026年5月1日 米国公開予定です。

-映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

映画「ザ・マーベルズ」のパク・ソジュンさんの役割が報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」への出演が発表されているパク・ソジュンさんの役割についていくつかの海外スクーパーが報じています。しかしその …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー”Rise Up”が公開

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」から新たなトレーラー「Rise Up」が公開されました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のアジア人主人公となる今作では …

映画「モービウス」の新たなポスターと本編クリップが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の新たなポスターと本編クリップが公開されました。公開されたクリップはモービウスが能力に覚醒する所からその直後 …

「エターナルズ」キンゴ役クメイル・ナンジアニさんが「ガーディアンズホリデーSP」カメオにコメント

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でキンゴを演じたクメイル・ナンジアニさんが、先日配信が始まったスペシャルドラマ「ガーディアンズ・オブ・ギャラ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のポスターに噂の証拠が発見される

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にキャプテン・カーターが登場すると2021年夏に海外メディア The …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。