まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、ハンク・ピムには別の結末が用意されていた

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の脚本を担当したジェフ・ラヴネスさんが、海外メディア Backstory Magazine とのインタビューの中で、削除されたハンク・ピムの結末について言及しました。

sponsored link
 

ラヴネスさんは「ハンクを一度は殺す予定でした。その後、彼の意識はアリを通して生き続け、アリを精神的にコントロールするつもりでした。そう、彼はアリの精神の集合体のような存在になる予定だったんです。気に入っていましたが、それ以上うまく発展しませんでした。」とピム博士の別バージョンのラストについて明かしたました。

また、スコット・ラングが船のコアを入手する過程で巻き込まれた確率の嵐の中でも、別の削除シーンがあったと言います。

「あの確率の嵐、あるいはあの量子ネクサスには心理的なシークエンスがあり、どちらかというと夢の要素がありました。90年代の映画で見たような、ニンジャ・タートルズのような、CGIではなくクローネンバーグ監督の『ザ・フライ』のような人間サイズの大きなアリを登場させたんです。そして、それは彼の頭の中での出来事のようでした。ヴェルナー・ヘルツォークの声を入れて、『ホーリー・マウンテン』のようなアドバイスやヴィジョン・クエストのようなものをさせたかったんです。でも、それは実現しませんでした。」

結果的にハンク・ピムは今作も生き残ることになり、今後も登場の可能性が残される事になりました。ピム博士を演じるマイケル・ダグラスさんは映画公開前のインタビューで「死ねるなら戻ってくる」と再演について意味深な反応を示していましたが、ワールドプレミアの日までどちらの結末が採用されているのか知らなかったのかもしれません。

ラヴネスさんはカーンの脅威を描くにあたってメインキャラクターを虐殺していく事は、サノスのアプローチを真似ることになり避けたいとも過去に語っていました。

「クアントマニア」からはワスプの子供たちや、カーンのバックストーリーの大半が削除されたと明かされていますが、それらのシーンの一部がBlu-ray特典など何らかの形で公開される事に期待したい所です。

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」は 2023年2月17日 より劇場公開中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ソニー・ピクチャーズがNetflixと新たな契約 ─ ’22年以降作品を独占配信へ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズとストリーミングサービス最大手のひとつNetflixが新たな契約を締結したと、海外メディア Hollywood Repor …

ポール・ラッドさんが映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の撮影がロンドンで始まっていること明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン」シリーズで主演を務めるポール・ラッドさんが、自身のInstagramにて最新 …

【映画紹介】「アイアンマン」MCUのはじまりの映画【MCU Vol.1】

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ※本記事は軽微なネタバレを含みます。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 あらすじ 中東での自社兵器のデモに参加していたトニー …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ラストシーンのスパイダースーツのコンセプトアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主演のトム・ホランドさんがラストシーンで着用して …

ロバート・ダウニーJr.さんもベネディクト・カンバーバッチさんもヴィラン役で話し合われていた ─ 公式本で明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の誕生の舞台裏を見ることが出来るマーベル・スタジオ監修の公式ブック「The Story of M …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。