まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【ネタバレ注意】ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の物語の一部が判明か

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」のより多くのストーリーが判明したと、海外メディア The Illuminerdi が報じました。本作はドラマ「ワンダヴィジョン」のヴィランとして登場したアガサ・ハークネスを主人公としたMCUでは珍しいスタイルになっており、その内容には注目されています。

※これより先は「アガサ:カヴン・オブ・カオス」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

記事によると、このドラマは「ワンダヴィジョン」の直後からキャスリン・ハーンさん演じるアガサ・ハークネスがウエストビューに閉じ込められている所から始まると言います。

そして、アガサはオーブリー・プラザさんやアリ・アンさんを含む新しい魔女の一団によって解放されてしまうとの事。

「ワンダヴィジョン」では回想シーンで1693年のセイラムにアガサの母親エヴァノラ・ハークネスを含む魔女たちが描かれていましたが、「アガサ:カヴン・オブ・カオス」で登場すると言われている魔女たちとの関連は分かっていません。

また、もう一つ判明した事として、記事ではビリー・マキシモフが実際に戻ってくるとの事。

ビリーは「ワンダヴィジョン」や「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にてジュリアン・ヒリアードくんが演じていましたが、ジョー・ロックさん演じる10代のビリーが登場し、何らかの理由でウエストビューの学校に訪問または通学すると記事は伝えています。

オーブリー・プラザさんやジョー・ロックさんのキャスティング、そしてアリ・アンさんのキャスティングも以前に報道されており、「ワンダヴィジョン」に登場していたエマ・コールフィールドさん演じるドッティが再登場するとも報じられています。

「アガサ:カヴン・オブ・カオス」はドラマ「ワンダヴィジョン」のエグゼクティブプロデューサー、ヘッドライターを務めたジャック・シェイファーさんが少なくともひとつのエピソードを監督するとの事で、本作は「ワンダヴィジョン」の続編にあたる可能性が高いと見られています

1年後の配信までに未鑑賞の人は「ワンダヴィジョン」をチェックし、あまり覚えていないというファンは復習などして備えておくのがいいかもしれません。

ドラマ「ワンダヴィジョン」はディズニープラスで配信中、ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」は2023年冬にディズニープラスで配信予定です。

ソース:AGATHA: COVEN OF CHAOS: MORE STORY DETAILS REVEALED: EXCLUSIVE

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の撮影が再開可能に ─ チェコ政府が指針を提示

新型コロナウイルスの影響により世界中で映画やドラマの撮影が中断されています。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のそのひとつで、202 …

ドラマ「ロキ」より、ミス・ミニッツのキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」に登場するTVA(Time Variance Authority)のマスコット、ミス・ミニッツのキャラクターポスターが公開されました。先日 …

ドラマ「アイアンハート」にクリー・サマーさんが参加、メフィスト続報も

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」にミュージシャン、声優のクリー・サマーさんが出演すると、海外メディア Deadline が報じました …

ポール・ベタニーさん、「ワンダヴィジョン」のサプライズゲストについて明かす

今年の1月、ドラマ「ワンダヴィジョン」の配信開始直前のインタビューで、ヴィジョンを演じるポール・ベタニーさんが「ずっと一緒に仕事したいと思っていた俳優と共演できた」と話した事で、世界中のMCU(マーベ …

アニメ「X-MEN’97」の制作チームはファンだけで構成されていると脚本家が明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「X-MEN’97」のヘッドライター兼エグゼクティブプロデューサーでもあるボウ・デ・マヨさんが、自身の Ins …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。