まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エリザベス・オルセンさん、映画「ドクター・ストレンジ」続編は「インディ・ジョーンズ」よりも怖いと明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」に出演するエリザベス・オルセンさんが、Vanity Fair のポッドキャスト「Little Gold Men」に出演した際、本作が「インディ・ジョーンズ」よりも怖いと明かしました。

sponsored link
 

スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるオルセンさんは次のように述べています。

インディ・ジョーンズより怖いと思います。それよりもサム・ライミの方が確実に感じられると思います。だから、それが目標だったのかもしれないけど、確実にもっと暗い作品になったと思います。
そう、もちろん西部劇ではなく・・・そう、ホラーのジャンルでは、絶え間ない恐怖とスリル、そしてミスリード、カメラで遊ぶこと、観客をより不安にさせるために被写界深度の視点をどうするか、といったことです。艶やかなインディ・ジョーンズの映画よりも、もっと・・・もっとだと思うんです。インディ・ジョーンズは大好きだけど、もっとダークなものがあるような気がします。

本作は1作目のスコット・デリクソン監督と脚本のC・ロバート・カーギルが続投し制作が進められていましたが途中で降板、以降は2000年代に公開された映画「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督と、現在配信中のドラマ「ロキ」のマイケル・ウォルドロンさんが脚本に入り制作が再開し、先日撮影の終了が報じられました。

監督&脚本の交代前は本作がホラーテイストの強い作品であると発表されていましたが、その後の交代劇の影響については不明でした。

先日のウォルドロンさんのインタビューでは「脚本はゼロからやり直した」との事でしたが、ホラー要素があるという部分に関しては引き継がれているようです。

続編では前作からストレンジ、ウォン、バロン・モルドが再登場する他、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフと、新ヒーローとしてアメリカ・チャベスが登場することが発表されています。また、ワンダに関する物語がここで終わりではない事が先日マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によって明かされました。

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年3月25日 米国公開予定です。

ソース:Elizabeth Olsen Promises Misleads In Doctor Strange 2

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

クリス・ヘムズワースさん、「ソー:ラブ&サンダー」後も再演に意欲を示すも、心配を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが海外メディア Today のインタビューで今後の再演について質問され、今後もソー役を …

映画「ヴェノム2」はラブストーリーであり、カーネイジは究極の敵だと監督、プロデューサーが語る

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が、今作のエディとヴェノムの関係を「ラブストーリー …

エリザベス・オルセンさんが今後のワンダについて言及、アベンジャーズからX-MENへ?

マーベル・スタジオ制作のドラマ「ワンダヴィジョン」や映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じたエリザベス・オルセンさんが、今後のワ …

トム・ヒドルストンさんが「ソー4」や「ドクター・ストレンジ2」のカメオの噂について「アンドリュー・ガーフィールドではない」と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズやドラマ「ロキ」でロキを演じたトム・ヒドルストンさんが、海外メディア Total Film とのインタビューの中で、「ドク …

マリア・ランボー役ラシャーナ・リンチさんが映画「ザ・マーベルズ」に参加?ロケ地で目撃される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」でマリア・ランボーを演じた女優のラシャーナ・リンチさんが映画「ザ・マーベルズ」のロケが行われているロンドンで目撃されました。 …

PREV
映画「ブラックウィドウ」からバトルシーンをイメージした新たなポスターが公開
NEXT
ドラマ「シークレット・インベージョン」のエミリア・クラークさん、スタジオに怒られないか心配だと明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。