まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シークレット・インベージョン」のエミリア・クラークさん、スタジオに怒られないか心配だと明かす

投稿日:

先日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」に出演する事を認めたエミリア・クラークさんが Happy Sad Confused Podcast に出演し、現在の心境を明かしました。

sponsored link
 

クラークさんは番組の中で、「キャスティングの後、マーベル・スタジオと最初に話したのは彼らのセキュリティチームでした。私は何かが起こるのではないか、私が何か言ってしまって、彼らが怒るのではないかと怖れて生きています。でも、私が演じるキャラクターは超お気に入りなんです。」と明かしました。

エミリア・クラークさんが何のキャラクターを演じるのかは明かされていませんが、お気に入りと称する所を見る限り、魅力的なキャラクターであることは間違いないようです。

マーベル・スタジオがサプライズのために秘密主義を取るのはファンならよく知っている事ですが、作品の打ち合わせよりも先にセキュリティチームとの話し合いがある、というのはある意味衝撃的です。これが全ての俳優さんに取られる手順なのか、エミリア・クラークさんの役柄がそれだけシークレットなのかは不明です。

MCUと言えばネタバレ王マーク・ラファロさん、ネタバレ王子トム・ホランドさんが君臨していますが、エミリア・クラークさんはそこにネタバレ王女として名を連ねる事になるのでしょうか。

「シークレット・インベージョン」は、2008年に発表された同名のコミックシリーズを基に制作され、ニック・フューリー(演:サミュエル・L・ジャクソン)とタロス(演:ベン・メンデルソーン)を中心に、地球上のあらゆる生活様式に侵入してきた変身能力を持つスクラルの侵略に対抗していくことになります。

本作はカイル・ブラッドストリートさんが脚本と製作総指揮を担当し、トーマス・ベズーチャさんとアリ・セリムさんが監督を務めます。

ドラマ「シークレット・インベージョン」はディズニープラスで配信予定です。

ソース:Why Emilia Clarke Is So Terrified of Spoiling Her Marvel Cinematic Universe Role

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

ドラマ「シークレット・インベージョン」、コミコンで紹介されたトレーラーに対するメディアリアクション

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」のファーストトレーラーが、サンディエゴ・コミコン2022の会場で公開されました。予告に …

ドラマ「ワンダヴィジョン」、ドッティは結局何者なのか ─ 本名から浮かび上がる謎

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」が最終回をむかえ、作中でミステリアスな女性の一人として異彩を放っていたドッティについても多くが明かされました。シリーズ中盤で行 …

バッキー・バーンズの誕生日をお祝いして、セバスチャン・スタンさんがシビル・ウォーの舞台裏写真を公開

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の主人公の一人、ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズは1917年3月10日に生まれで104歳の誕生日を迎え、それを祝してMCU(マーベル・シネ …

ディズニーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」へのマイケル・ルーカーさんの出演を認めた

ディズニーがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」のプレスリリースで、マイケル・ルーカーさんの出演を認めたと複数の海外メディ …

ワンダ役エリザベス・オルセンさん、「ヤングアベンジャーズの計画はまだないと思う」と明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」で登場したワンダとヴィジョンの双子の息子達ビリーとトミーを皮切りに、MCUのフェーズ4ではコミックのヤングアベンジャーズのキャ …

PREV
エリザベス・オルセンさん、映画「ドクター・ストレンジ」続編は「インディ・ジョーンズ」よりも怖いと明かす
NEXT
映画「スパイダーマン」のグリーン・ゴブリン役ウィレム・デフォーさん、「準備が出来るまでは」と意味深発言

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。