まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスティルが公開、カンバーバッチさんは「ノー・ウェイ・ホーム」レベルになるとコメント

投稿日:

先日発売された EMPIRE MAGAZINE の最新号にて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスティル写真と、主演を務めるベネディクト・カンバーバッチさんのインタビューが掲載されました。その中で、カンバーバッチさんは本作が「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」レベルに盛り上がると語りました。

sponsored link
 

インタビューでカンバーバッチさんは「この映画は”大作 “だから絶対盛り上がりますよ。そして、その野望を実現させれば、スパイディ並みの成功を収めることができるでしょう。」と述べました。

公開されたスティルは以下のもの。

from EMPIRE ©MARVEL,Disney

アメリカ・チャベスが何者かに捕まっているのはTVスポットからも判明していましたが、ドクター・ストレンジも一緒に捕まっているようです。この施設でクリスティーン・パーマーの変異体とウルトロン・セントリーは何をしているのでしょうか。

©MARVEL,Disney

ベネディクト・カンバーバッチさんは2021年秋頃のインタビューでも、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に勝るとも劣らない事を明かしていました。

本作の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です。

ソース:Doctor Strange In The Multiverse Of Madness Will Be ‘On The Level Of No Way Home’, Says Benedict Cumberbatch – Exclusive Images

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

クリス・ヘムズワースさん、MCU新作3本に署名したと報じられる ─ 「ソー5」、「アベンジャーズ5」?

俳優のクリス・ヘムズワースさんがマーベル・スタジオと新たに3本の作品への出演契約に対して署名したと、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました。ヘムズワースさんはMCU(マーベ …

ベネディクト・カンバーバッチさん、「スパイダーマン:NWH」は「最も野心的な映画」と説明したトム・ホランドさんに反論 ─ 賛否両論の作品に

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にドクター・ストレンジとして出演するベネディクト・カンバーバッチさんが海外メディア …

トム・ヒドルストンさん、ロキが死ぬことは「マイティ・ソー/バトルロイヤル」撮影前から知っていた事を明かす

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズでロキを演じるトム・ヒドルストンさんが、ロキの最期についてかなり以前から知っていたことを、Empire Magazin …

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のプレビズがまたもや流出

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなプレビズ画像とされるものがSNS上で拡散されています。この画像は先日、海外 …

マーベル・スタジオが大晦日に中国のビリビリ動画で音楽ショーを開催

マーベル・スタジオのボスであるケヴィン・ファイギ氏が中国最大のSNSであるウェイボーに投稿し、同じく中国の動画共有サイトビリビリ動画にて、大晦日にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)をテーマ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。