まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「キャプテン・アメリカ4」、プロデューサーがコンセプトについて言及

投稿日:

マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるネイト・ムーアさんが、海外メディア Comicbook.com のポッドキャスト「Phase Zero」に出演し、制作準備中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ4」ではドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に引き続き、スーパーソルジャーではないサムの活躍が描かれると語りました。

sponsored link
 

番組の中で「キャプテン・アメリカ4」のプロデューサーであるムーアさんは、「新キャプテンのサム・ウィルソンを徹底的に鍛え上げて、その実力を発揮させる」と明かしました。

我々は、サムを苦境に立たせ、それを勝ち取らせるつもりです。そして、彼が重量で勝り、品格で勝り、すべてで勝るときに何が起こるかを見てみましょう。キャプテン・アメリカとは何か?私は、それはスーパーソルジャーではないと主張します。アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソンがそれを証明してくれると思います。

また、新作では「新キャプテン・アメリカを公言したサムに何が起こるのか」を探ることになると強調しました。

私が思うに、彼はスティーブ・ロジャースではなく、それは良いことだと思います。なぜなら、私にとってこの新しいキャプテンはロッキーだからです。どんな状況でも、彼は負け犬になるでしょう。彼はスーパーソルジャーではありません。彼は100歳ではありません。アベンジャーズを持っているわけでもありません。そんな男が、何の裏付けもなく「俺は新キャプテン・アメリカだ」と公言したらどうなるか。次に何が起こるか?私は、彼が一人の男であることに魅力を感じています。翼と盾を持った男ですが、彼は普通の男なのです。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でも「キャプテン・アメリカとは何か?」という事を描き、盾を受け継ぐ事の責任と重さについて語られていましたが、「キャプテン・アメリカ4」でもそのテーマは引き継がれる事を示唆しているようです。

MCUではエターナルズがデビューし、更にその先ではファンタスティック・フォーやX-MENなどの強力なヒーローとそれに相対するヴィランが登場する中、新たなキャプテン・アメリカはどのようなリーダーとなっていくのでしょうか。今後の情報には要注目です。

ソース:Captain America 4: Nate Moore Reveals Exclusive New Movie Details

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ホームカミング3」、トム弟が目撃、デアデビルは撮影終了?

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン」シリーズの第三作目が昨年末から開始され、様々な噂や報道が飛び交う話題の作品となっています。そんな中、 …

ブリー・ラーソンさんが映画「ザ・マーベルズ」の監督を絶賛

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」の主演を務めるキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース役のブリー・ラーソンさんが、本作でメガホンを取っ …

トニーがナターシャとハルクの誕生日をお祝い

11月22日はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じるスカーレット・ヨハンソンさんと、ハルク/ブルース・バナーを演じるマーク・ラファロさん両名のお …

映画「ブラックウィドウ」からタスクマスターのプロモアートが公開

2021年公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から、予告編でもブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフとの激闘を繰り広げているタスクマスターのコンセプトアー …

映画「ドクター・ストレンジ」の脚本家がストレンジとクリスティーンの関係のその後を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」の1作目で脚本を担当したC・ロバート・カーギルさんが、ドクター・ストレンジとクリスティーン・パーマーのその後について明かしま …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。