まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

マーベル・スタジオ元副社長の退社はディズニーによる解雇だと報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオのフィジカル&ポストプロダクション、VFX、アニメーション制作の社長を務めていたヴィクトリア・アロンソ氏が3月17日にスタジオを去っていたと報じられた件について、海外メディア Variety は、これがディズニーによる解雇だったと報じています。

sponsored link
 

記事によると解雇理由は正確には不明としながらも、スタジオの親会社にあたるディズニー・エンターテイメントの共同会長であるアラン・バーグマン氏を含むディズニー幹部のグループが最終決定を下し、アロンソ氏を解雇するに至ったと伝えています これに関して、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長も関与しておらず、また、介入も出来なかったとの事。アロンソ氏はこの通告を受け止め、退社する事を受け入れたと報じています。

アロンソ氏はディズニープラスの加入者を拡大するために、マーベル・スタジオが過去最高の出力を達成しなければならなかった時期に、作品の視覚効果と撮影後の作業を担当していました。Variety によると、このプレッシャーが社内での品質問題につながり、最終的にアロンソ氏の解雇につながったと伝えられています。

2022年にはネット掲示板にVFXアーティストを名乗る人物があらわれ、現場の現状として過酷な労働環境の告発が相次いでいました。作品数の増加に対して人手の確保が間に合っておらず、結果としてVFXクオリティの低下やアーティストの残業時間の増加に繋がり、この現状がアロンソ氏の責任だと判断されたようです。

過去、MCU作品は制作現場からのリーク問題に苦しんでいた事があり、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でリークされたアンドリュー・ガーフィールドさんの映像素材などはその最たる例でした。そういったトラブルの経験からか、信用出来ないアーティストや会社名を書き込んだブラックリストの存在があるとされていました。スタジオは「技術力」以外の条件として「信用出来る」かどうかも加味しなくてはならなくなった結果、人手を集めるのが困難になったのではないかとも考えられています。

アロンソ氏の退社の影響として、2023年のディズニープラス配信予定作品である「ロキ」シーズン2、「シークレット・インベージョン」、「エコー」、「アイアンハート」、「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、そしてアニメ作品の「X-MEN’97」と「ホワット・イフ・・・?」シーズン2のスケジュール変更の噂の一因となっている可能性も指摘されています。

先週の段階ではアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2が本来2023年初頭の配信予定だったものが未だに達成出来ていないにもかかわらず、公式に明確なアナウンスがないまま、ウェブページはこっそりと「Coming Soon」と時期不明瞭なものに変更されているのが発見されていました。その後全てのディズニープラスプロジェクトがコミコンで発表されていたものから同様に近日公開へと変更されています。これらに関して、近々、あるいは2023年夏のコミコンなどでスケジュール変更に関する発表があるかもしれません。

ソース:Inside Victoria Alonso’s Shocking Exit From Marvel Studios

sponsored link
 

-ドラマ, 映画
-,

執筆者:

関連記事

スカーレット・ヨハンソンさん、映画「ブラックウィドウ」がラストである事を示唆する

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンさんが、海外メディア Total Film とのインタビューで今後のMCUについて言及し、 …

ラムロウ役フランク・グリロさん、映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で危険なスタントに挑戦したのは「スカーレット・ヨハンソンのせい」と明かす

2014年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に登場したブロック・ラムロウを演じたフランク・グリロさんは、作中の危険なスタン …

ドラマ「ロキ」より、ミス・ミニッツのキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」に登場するTVA(Time Variance Authority)のマスコット、ミス・ミニッツのキャラクターポスターが公開されました。先日 …

ヴィンセント・ドノフリオさんは「スパイダーマン4」でのスパイダーマンvsキングピンを希望している

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」やNetflixドラマ「デアデビル」でキングピン/ウィルソン・フィスクを演じたヴィンセント・ドノフリオさんが …

ジョナサン・メジャース被告が暴行とハラスメントで有罪判決、一部罪状は無罪に

ニューヨーク市マンハッタン刑事裁判所での家庭内暴力裁判の最終弁論を終えて、ジョナサン・メジャース被告に暴行及びハラスメントによる有罪判決が言い渡されました。被告はMCU(マーベル・シネマティック・ユニ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。