まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ルーク・ケイジ」、ショーランナーが幻のシーズン3のエピソードタイトルリストを公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

Netflixのマーベルドラマ「ルーク・ケイジ」のショーランナーを務めたチェオ・ホダリ・コーカーさんが X を利用してファンと交流しました。コーカーさんは「ルーク・ケイジ」に関するファンからの疑問や批判に対処する中で、とある質問にたいして制作中止となったシーズン3に関する話題にも触れて対応しました。

sponsored link
 

ファンの「彼がハーレムの王になった後に何が起こるかを計画していたのですか?」とシーズン2のラストの後に何が起こる予定だったかを質問されたコーカーさんは、シーズン3の13のエピソードタイトルを公開しました。

「ルーク・ケイジ」のエピソードタイトルはヒップホップの曲名が付けられており、シーズン3もその法則に則っているようです。つまり曲名、歌詞の内容は各エピソードの内容を示唆しているはずで、これまでルーク・ケイジは自身を「ハーレムの保安官」と考えていましたが、シーズン2のラストを経て、シーズン3の1話は「公共の敵」となってしまったという認識からスタートするものだった事が推測されます。

結末のタイトルとして設定されていた「Rebel Without a Pause」(絶え間ない反逆)は自己啓発や主流の基準に適合することを拒否する楽曲で、個人主義をたたえ、抑圧的な力に立ち向かうように人々を励ます内容の歌詞となっています。困難な状況にもおいても大衆文化に影響を与えるような発言をするリーダーの存在を暗示し、どんな代償を払っても、勇気と表現の重要性を強く喚起する楽曲です。

Netflix版の「デアデビル」がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の神聖時間軸における出来事だと公式に認められたことで「デアデビル:ボーン・アゲイン」は「デアデビル」シーズン4としての再開とも考えられるようになりましたが、同じ世界を共有していた「ルーク・ケイジ」も続編制作が再開される可能性はあるのでしょうか?

ドラマ「ルーク・ケイジ」はディズニープラスで配信中です。

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」、5話以降真実に近づくヴィジョンと不穏な展開を予期させる”Sneak Peek”トレーラーが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作するドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなトレーラー「Sneak Peek」が公開されました。今回も1分ほどの動画で、後半 …

アニメ「What if…?」からヴィジョン・ウルトロンのキャラクターポスターが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」より、ヴィジョンの顔を持つウル …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新たなポスターが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新たなポスターが公開されました。今回公開 …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」、エピソード5でサプライズ?脚本家が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現在エピソード2までの配信が始まっているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」。 …

マーベル・スタジオが7月22日に「ホワット・イフ」s2や「マーベル・ゾンビーズ」のファーストルックを公開すると言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年7月21日から開催されるサンディエゴ・コミコンの公式ページが更新され、プログラムとゲストの一部が公開されました。その中で、現地時間の …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。