まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

英ディズニーがドラマ「シークレット・インベージョン」新予告でS.H.I.E.L.D.のエージェントのリターンを示唆?

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

イギリスのディズニープラス公式TwitterがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」の新たなシーンを含む動画を公開し、話題になっています。現在、公式から消えてしまっているその動画の中には、フューリーがドラマ「エージェント・オブ・シールド」のキャラクターの一人に対して言及している可能性があるかもしれません。

sponsored link
 

@MCU_Coveredによって共有された該当シーンでは、フューリーが「騎兵隊が向かっている」と発言しています。

これが、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」で騎兵隊という異名を持つメリンダ・メイの事を指しているのではないかとして、多くのファンが注目しています。

メリンダ・メイはS.H.I.E.L.D.のレベル7のエージェントで、格闘、銃、諜報の達人であり、フューリー及びコールソンの片腕としてS.H.I.E.L.D.を支えていました。

アベンジャーズが死亡したときの策として秘密裏に進められていたプロジェクトT.A.H.I.T.I.(タヒチ計画)が完成しないまま映画「アベンジャーズ」でコールソンがロキに殺された際、術後の後遺症の可能性から計画の適用をためらうフューリーを後押ししたのもメイでした。

ドラマでは騎兵隊の名のとおり一騎当千の活躍を度々見せており、ファーストシーズンからファイナルシーズンまで登場するメインキャラクターの一人でした。

今回の「シークレット・インベージョン」のクリップが実際にメイの事を指しているのか、ミスリードを誘っているのかはまだ不明ですが、最近のエージェント・オブ・シールド関連の噂も加わって、「シークレット・インベージョン」でメイが紹介され、その後メイが他のエージェントたちを連れてくるのではないかとファンは期待しているようです。

本作の概要は以下のとおりです。

元軍人で、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官、ニック・フューリー。 アイアンマン、キャプテン・アメリカらをアベンジャーズへと導き、“アベンジャーズの影のリーダー”と言っても過言ではない存在。 そんなMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に欠かせない男が、MCUの壮大な歴史の裏で長年立ち向かってきた、地球外からの“インベージョン(侵略)”の阻止に挑んでいく。 侵略を企てるのは、『キャプテン・マーベル』にも登場した、あらゆる人物に“擬態”する能力のある種族のスクラル人。 これまでも、その厄介な能力で周囲を翻弄してきた彼らが今回も暗躍し、誰が敵で誰が味方なのか全くわからない、マーベル作品としては異色の緊張感あふれるスリラー超大作がついにベールを脱ぐ。

ドラマ「シークレット・インベージョン」は2023年春にディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

アニメ「ホワット・イフ」シーズン2、配信日が公式に変更

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2の配信予定が、2023年 …

ドラマ「シーハルク」と「エージェント・カーター」はつながっている?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルコミックで「アメイジング・スパイダーマン」、「シーハルク」、「マイティ・アベンジャーズ」などを執筆した著名なライター、ダン・スロットさ …

ドラマ「ロキ」、監督が削除された2012年のスタークタワーのシーンについて言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、予告動画に含まれていたにも関わらず、本編で見ることが出来 …

ドラマ「ミズ・マーベル」にドラマ「ランナウェイズ」のアンジャリ・ビマーニさんがキャスティング

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 女優のアンジャリ・ビマーニさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」にキャスティングされていると、海外メデ …

マーベル・スタジオが新たに「リブート版デアデビル」や宇宙モノ作品を計画中

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニープラス向けドラマ「ムーンナイト」や映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公開を控えるマーベル・スタジオの新たな …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。