まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ディズニーCEOが「ブラックウィドウ」と「シャン・チー」のリリース方法の違いについて説明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ディズニー社のCEOであるボブ・チャペク氏は、J.P.モルガンの第49回グローバル・テクノロジー・メディア・コミュニケーション・カンファレンスにバーチャル出演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」を今夏に劇場公開すると同時に、プレミア・アクセス・タイトルとしてディズニープラスで配信することを計画したことについて、「正しい判断だった」と述べました。

ボブ・チャペク氏はカンファレンスの中で、今後の映画公開におけるディズニーの戦略について、いくつかの見解を述べました。

このような決定を下すためには、様々なデータを統合する必要があります。まず考えなければならないのは、それが大規模な劇場用フランチャイズなのかということです。もしそうであれば、マーベルやルーカスの映画のように、より大きな神話に基づいて脚光を浴びるような作品です。

チャペク氏は、「ブラックウィドウ」を取り上げ、スカーレット・ヨハンソンさん主演のこの作品を劇場公開とディズニープラスのプレミア・アクセスの両方で公開するというディズニーの決定について、「再び延期したくなかった」と述べましたが、この決定に先立ち、「米国内市場が戻ってこないことはわかっていた」と語りました。

ブラックウィドウはすでに何度か延期しており、再び延期したくはありませんでした。しかし同時に、エキシビションが十分に展開されなかったり、消費者が再び映画館に足を運びたいと思わなかったりするリスクがあることも常に認識していました。そこで、私たちは、ポンプを作動させて、劇場での上映にチャンスを与えなければならないと考えました。決断までの数週間で、国内市場が回復しないことがわかっていたので、劇場公開にすべての卵をつぎ込むことはできませんでした。そして、それはまだかなり弱いものです。ですから、私たちはこの決断が正しかったと確信しています。私たちは、秋には市場がより完全に回復することを知っており、それはより意味のあることです。柔軟性は良いことです。ある時点で、ドックからボートに乗らなければなりません。そういったことにも挑戦していきます。

チャペク氏はまだ米国の映画市場が完全に回復していない事と、これ以上の延期は出来ない事を理由に「ブラックウィドウ」を同時公開する決断をし、「シャン・チー」の公開時点では市場の回復が7月よりも進んでいるとの見解を示しました。

「シャン・チー」は45日間の劇場公開のあと、ディズニープラスに登場すると報じられています。

映画「ブラックウィドウ」は2021年7月8日(木) より劇場公開、2021年7月9日(金)からディズニープラスでのプレミアアクセス予定(米国では9日に劇場とディズニープラスの同時公開)、映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は 2021年9月3日 日米同時公開予定です。

ソース:Disney CEO Bob Chapek Talks ‘Black Widow’ Release Strategy, State Of Windows: “We’re Really Celebrating That Flexibility”

sponsored link
 

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「サンダーボルツ」のセントリーはコミックに忠実な姿になると言う─展開についても

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」での登場が噂されているセントリーについて、海外スクーパーの CWGST 氏が展開についての最新情報を共 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は光と闇の戦いに?ポスターから新たな物が発見される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ではドラマ「ワンダヴィジョン」に登場したダークホールドが登場する事がトレーラーからも判明して …

【噂話】映画「デッドプール3」に新たなキャスティング情報

マーベル・スタジオが現在撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」に関して、マシュー・マクファディンさんのキャラクターが判明したと、海外スクーパーの CWGST 氏 …

ジェームズ・ガン監督とヨンドゥ役マイケル・ルーカーさんがディナーの写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督と、ヨンドゥ・ウドンタ役のマイケル・ルーカーさんが共にアトランタでディナータイムを過ごす …

征服者カーン後任の噂のコールマン・ドミンゴさん、スタジオとの話し合いを認める

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」などで、征服者カーン役の候補として噂されているコールマン・ドミンゴさんが、最 …

PREV
映画「エターナルズ」トレーラーに登場するヴィランとキャップの盾
NEXT
映画「ニュー・ミュータント」、ディズニープラスで6月11日から配信開始

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。