まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「デッドプール2」、ブラッド・ピットさんは元々ケーブルを演じる予定だったと原作者が認める

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

コミック「デッドプール」の原作者であるロブ・ライフェルドさんが、海外メディア Comicbook.com の Youtube 番組 コレクティブルズ・ショーに出演し、映画「デッドプール2」のブラッド・ピットさんは本来ケーブルを演じる予定だったという噂について、真実である事を認めました。

sponsored link
 

ケーブル役はもともとブラッド・ピットさんだったという長年の噂について質問されたライフェルドさんは「僕はそれが真実である事を100%知っています」と認めた上で「試写会のバージョンでは、デヴィット・リーチはピットとスタントまわりで特別な関係を築いていました。みんなに知られていないのは、このバージョンは極めて初期の頃の事だったからです。ピットがその方向で進めなくなったとき、スタジオは別の方向へと向かったんだ」と、舞台裏について明かしました。

また、ブラッド・ピットさんに代わってスクリーンに登場する事になったジョシュ・ブローリンさんに関しても、彼が出演しない可能性があったと語りました。

ライフェルドさんは、「ジョシュ・ブローリンの妻が彼にケーブルの役を引き受けるように、挑戦するよう説得したんだ」と述べ、「もしそれで彼が同意しなかったら、デッドプール役のライアン・レイノルズの横には別の人物が立っていたでしょう」とブローリンさんの妻の功績を称えました。

ブラッド・ピットさんはケーブル役を降板したあと、透明化能力を持つ寡黙なX-フォースのミュータント「バニッシャー」役としてカメオ出演。バニッシャーは見えない上に喋らないキャラクターのため、その場にいるかどうか分からない状態で映画は進行し、死亡の瞬間の約2秒間だけスクリーンに映し出されました。

デッドプールは現在、最新作となる「デッドプール3」が撮影中で、2作目同様に試写会に参加しているライフェルドさんは、2023年6月時点で出演者名簿を見ている事を明かしています。

sponsored link
 

映画「デッドプール2」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「サンダーボルツ*」ではいくつかの「変更があった」、タスクマスター俳優が認める

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ*」でタスクマスター/アントニア・ドレイコフを演じるオルガ・キュリレンコさんが、海外メディア Scree …

映画「ファンタスティック・フォー」、新たにSF超大作作家を追加

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」に、新たにジョシュ・フリードマンさんが脚本に参加する事になったと、海外メディア The H …

映画「ニュー・ミュータンツ」─ 新TVスポットでマジックがソウルソードを振るう!

20世紀スタジオの公式Youtubeチャンネルにて、映画「ニュー・ミュータンツ」の新しいTVスポットの動画が公開されました。 これまでの映像ではホラー映画かと錯覚するようなシーンがほとんどでしたが、今 …

「デッドプール2」の子役が「デッドプール&ウルヴァリン」のオファーがなかったと明かす

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」に関する出演オファーがなかったと、「デッドプール2」でファイヤーフィスト/ラッセルを演じた …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、キャシー・ラングはどのヒーローになる?

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」ではこれまでのシリーズ主人公のスコット・ラングの娘キャシー・ラングがヒーロースーツ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。