まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ブラッド・ピットさんが映画「デッドプール2」出演について振り返る

投稿日:

海外メディア BBC Radio 1 に出演したブラッド・ピットさんがFOX制作のX-MEN映画「デッドプール2」にカメオ出演した事を振り返り、短命だったX-フォースのミュータント「バニッシャー」役について語りました。

sponsored link
 

映画「ブレット・トレイン」のプロモーションインタビューに登場したブラッド・ピットさん。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のクイックシルバー役、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」のクレイヴン役を務めるアーロン・テイラー・ジョンソンさんと、MCUの映画「エターナルズ」でファストスを演じたブライアン・タイリー・ヘンリーさんと共演し、「ブレット・トレイン」のデヴィッド・リーチ監督が「デッドプール2」も担当していた事から話題はマーベルのデップーへシフト。

ピットさんは「デッドプール2」の撮影について「撮影はどんな感じだったって?(笑)今までで一番簡単でしたよ。デイヴは僕の古い友人で、『ファイト・クラブ』から2004年頃まで僕のスタントダブルだったんだ。その後、彼は、本当に良い監督になった、これは珍しい。稀有な存在だね。」と述べました。

そして出演の経緯については「ライアンから電話があって、やってみないか?って感じだった」と明かしました。

ブラッド・ピットさんが演じたバニッシャー(Vanisher)(注:ダークヒーローのパニッシャーPunisherとは異なるキャラクターです。)はテレポート能力を持ついわゆる透明人間のミュータント。

終始透明状態だったブラッド・ピットさんは感電死する瞬間のみスクリーンに現れるという大スターの無駄遣いを地で行くカメオ出演を果たしました。

当時、このカメオについて主演のライアン・レイノルズさんは海外メディア Collider とのインタビューで「コーヒー一杯のギャラで引き受けてくれると返事を貰った」と語っており、「これってブラッド・ピット流の、“ノーギャラでやるよ”って言い方なんだ。まったく頼もしいことこの上ないし、親切すぎるよね」と語っていました。

そしてブラッド・ピットさんが「一番簡単だった」という撮影はわずか7分で終わったといい、ギャラのコーヒーを飲む時間のほうが長かったと明かしています。

Earth-616のバニッシャーをブラッド・ピットさんが再演するかどうかは不明ですが、MCU(として制作される最新作「デッドプール3」ではどのようなカメオ出演が含まれているのか注目です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」、監督が続編の可能性を示唆 ─ ナターシャ再登場の可能性は低い?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の公開を来週に控える中、ケイト・ショートランド監督が海外メディア Radio Times のインタビューで続編の可能性について言 …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」モーガン役レクシー・レイブちゃん、レスキューアーマー姿を公開

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)でモーガン・スタークを演じたレクシー・レイブちゃんが、自身のInstagramでレスキューアーマーをまとった姿を公開しました。 投稿には「私のハロウィ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ワンダとイルミナティの削除された脚本が明らかに

現在公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」で、アース838に登場したワンダとイルミナティについて公開バージョンに含まれてい …

【噂話】ソニーはブラックキャット役にアニャ・テイラー=ジョイさんを望んでいるという

ソニー・ピクチャーズが開発に再度取り組んでいるという映画「ブラックキャット」のニュースが2021年6月に報じられて約半年。新たな情報が報じられています。ソニーは主人公ブラックキャット/フェリシア・ハー …

映画「エターナルズ」、プロデューサーがアベンジャーズやガーディアンズにはないパワーを解説

マーベル・スタジオのプロデューサー、ネイト・ムーアさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場するチームと、アベンジャーズやガーディアンズを比較し、エターナルズにし …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。