まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【考察】ドラマ「ワンダヴィジョン」、6話までの怪しい人物たちの現状まとめ

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」に登場した、物語の黒幕と関係がありそうな人物について、判明している情報をまとめた記事です。

ワンダ・マキシモフ

ウェストビューで起きた町ごと失踪した事件を「マキシモフ事変」となづけられ、容疑者となった本作の主人公。

©2021 MARVEL,Disney

ウェストビューをコントロールしていますが、完全ではない様子が描かれています。ヘックスの障壁を人や物が通過しても感知することは出来ず、物質変換は自動的に行われるようです。

マキシモフ事変はエンドゲームにおけるハルクの指パッチンから3週間後が設定されており、ヘイワードいわく、「事件発生の9日前にS.W.O.R.D.施設を襲撃し、安置していた遺体を持ち出した」との事ですが、6話のワンダの説明によると「どうやったのか覚えていない。覚えているのは大きな孤独感だけ。心の中は空っぽで虚しさだけがあった」との事。

ワンダも記憶が曖昧な部分が多く、誰かに操られているか二重人格のようになってしまっている可能性があります。

1話での晩餐会でハートが喉をつまらせた際に急に真顔のワンダが「助けてあげて」と言ったのは、何が起きているか分からないワンダから脚本を知っているワンダへと変わり、本来は脚本上ハートが死ぬ予定だったものを見かねて中止したのかもしれません。

アグネス

1話から登場する「おせっかいな隣人」。気になる行動や言動が多いものの、直接ワンダ一家に害を与える様子はありません。5話までのアグネスはワンダの妊娠や出産、子供の成長を促しているとも受け取る事が出来る流れになっています。

©2021 MARVEL,Disney

6話のアグネスは概ね予告編にあったシーンのみで、エリス通りの手前で他の住人と同じ用に省エネ状態のようになっていました。しかし話しかけてもまばたきすらしなかった住人と比べると、いくぶんワンダの支配に抵抗力があるように見えます。

ヴィジョンがマインド・ストーンのパワーを使うと、アベンジャーズのヴィジョンであることに気づいて助けを求めるような行動をしました。その後助からないことを自覚して諦めたのか大笑いを始めます。ヴィジョンがマインド・ストーンのパワーを中断すると何事もなかったように広場に戻っていきました。

6話のこのシーンからアグネスはコミックのアガサ・ハークネスではない可能性が強くなりました。ワンダの術に対して他人に助けを求めるのは一般人寄りの行動です。ワンダの師匠であるアガサとはかんがえにくいものです。

また、アグネスはこのシーンでヴィジョンをここに誘導した疑いがあります。当然ワンダのシナリオにはありません。アグネスの真意として考えられるのは3つ。

  • ヴィジョンを外に誘導し、現状から救ってもらいたい。(会話の内容は真実)
  • ヴィジョンをS.W.O.R.D.に引き渡したい。
  • ヴィジョンのピンチを作ることでワンダの覚醒を促せたい。

ここの会話が真実で、ヴィジョンを外に出してみることで現状を打破してもらいたい可能性があります。アベンジャーズのメンバーなら助けてくれると思うことに違和感はありません。したがってなんとかヴィジョンを誘導してみましたが、当のヴィジョン本人がアベンジャーズを覚えていないため、もうダメだと諦めてしまって大笑いした説がひとつ。

もうひとつはヴィジョンをS.W.O.R.D.に引き渡すことで何とかしたいと考えているパターン。しかしこの可能性は3つの中で一番低いと考えられます。というのもアグネスがS.W.O.R.D.関係者であれば、ジェラルディン(モニカ)とは協力すべきでした。しかしながら3話で見せた態度はどちらかといえば煙たがっている様子でした。

最後のひとつはかなりヴィラン寄りのもので、なんらかの意図でワンダのパワーを狙っています。アグネスがヴィランそのものかもしれませんし、別の誰かがワンダのシナリオよりも優先度の高いシナリオを用意してアグネスを動かしている可能性もあります。

6話時点でも白黒はっきりしないキャラクターと言えます。

sponsored link
 

タイラー・ヘイワード

4話から登場した「S.W.O.R.D.の臨時長官」。モニカとはよく知った仲で母親のマリアとも苦難をともにしてきた様子。ワンダに対して躊躇なくミサイルを発射したり、モニカ達に対して隠し事があったりと何かと黒いキャラクターです。6話ではキャプテン・マーベルや彼女と仲がいいモニカの事を否定するような発言をしたり、能力者全体を嫌っている様子が見えました。かつてのジモのように、インフィニティ・ウォーやエンドゲームのあたりでヒーローが原因で不幸があったのかもしれません。

©2021 MARVEL,Disney

ヒドラ説

ヒドラ説は「エージェント・オブ・シールド」にヘイワードという名のヒドラエージェントがいた事に起因しています。

MCUでは一度S.H.I.E.L.D.が乗っ取られている事を描いたため、再びS.W.O.R.D.が乗っ取られている事を描いてもインパクトが薄いように思えるので可能性は低く感じます。さらにいえば、S.H.I.E.L.D.はある程度の期間を使って描いたため、ヒドラによる征服はショッキングなものでしたが、まだまだ馴染みの薄いS.W.O.R.D.が乗っ取られていたとしてもあまり感じるものはありません。

ただしウェストビューがあるのはニュージャージー州で、ニュージャージーにはキャプテン・アメリカ生誕の地キャンプ・リーハイがありました。その場所はその後SSRやS.H.I.E.L.D.が利用していたわけですが、その地下ではコンピューターと同化したアーニム・ゾラがインサイト計画を進めていました。バックアップからゾラが再現し、裏で糸を引いている可能性も考えられます。

A.I.M.説

コミックのA.I.M.はもともとヒドラの科学部門でそこから派生したもので、MCUでは映画「アイアンマン3」で登場しましたが、単なる軍事産業を営む企業でした。当時のボスであるアルドリッチ・キリアンは死亡していると思われていますが、現状でA.I.M.がどうなっているかは不明です。

A.I.M.のメンバーは化学防護服をベースとしたコスチュームを着用している姿から養蜂家と呼称され、ロゴマークとして蜂の巣をかたどった六角形が使用されています。

©2021 MARVEL

2020年に発売されたゲーム「Marvel’s Avengers」にも登場しているのでごぞじの方も多いかもしれません。

ヘイワードがA.I.M.とする説は、ヘイワードの部屋に六角形が見られることと、映画「ブラックウィドウ」の予告に登場していることから、今後のMCUに再登場するのではないかと考えられている事に起因しています。

©2021 MARVEL,Disney

ウルトロン説

6話でヘイワードがワンダではなくヴィジョンを追跡していることが分かりました。S.W.O.R.D.の施設ではヴィジョンを分解して研究しているような描写もあり、ヴィジョンの身体を使って何かをしようとしていたのは明らかです。

©2021 MARVEL,Disney

ヴィジョンの身体をもっとも欲していたのはウルトロンであり、アニメ版のアベンジャーズではウルトロンが人間に変装して色々と企んでいたこともあるとのこと。

また、コミックのウルトロンはサノスと並ぶスーパーヴィランの一人で、たった数バイトのバックアップ圧縮データさえあれば蘇ってくる厄介なキャラクターです。コミックファンのほとんどはウルトロンが映画一本で退場したとは考えられません。

ヘイワードがウルトロン自身かあるいは手先となって、本来自分のものだったヴィジョンのボディを修復して使おうと企んでいるのはとても自然なことです。しかし6話ではヘックスの障壁を超えて崩れ行くヴィジョンに対して「そんなに外に出たいのか」と中に閉じ込めておきたいような発言もあったため、ウルトロン説は可能性が低いかもしれません。

ただのポンコツ説

意外とありそうなのが嫌味なポンコツ上司説です。視聴者はワンダと付き合いが長いためワンダのほうに感情を偏らせていますが、平和維持組織のトップとして驚異を排除したい考えはまっとうなものです。エンドゲームの序盤でのキャップやソーの落ち込みぶりを考えると、パワーを持たないヘイワードのほうがより無力感に悩んだ5年を過ごしていたはずです。

とはいえ作中におけるヘイワードの選択は悪手ばかりであるのは間違いありません。

sponsored link
 

ピエトロ・マキシモフ

ワンダの双子の兄弟。6話でヴィジョンの事を兄さんと呼んでいたので多分ワンダの弟。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で死亡したはずのピエトロがウェストビューにやってきました。視聴者だけがわかることですが、彼はMCUではなく、FOX版の映画「X-MEN」シリーズに登場していたピエトロ(ピーター)です。

MCUでもFOXでも高速移動能力の持ち主なのはコミックと同様ですが、家族構成の設定が違います。MCU版はワンダと双子ですが、FOX版はワンダもいませんし、双子だという描写もありませんでした。代わりに異母妹のニーナが存在し、父親はマグニートーでした。さらに言えばFOX版は死んでいません。

「ワンダヴィジョン」で登場したピエトロは謎が多く、情報源がこのピエトロ自身からのものだけなので、何が真実で何が嘘かは不明です。

MCU版ピエトロしか知らないはずの事は「(エイジ・オブ・ウルトロンで)蜂の巣にされたと思ったら、次の瞬間ワンダの呼ぶ声が聞こえた。」という発言です。しかしMCU版ピエトロなら知っているはずのヴィジョンに対して5話で対面した際に「あの赤いの誰?」と発言しました。また、ワンダいわく、言葉の訛りが違うということでMCU版のピエトロと違うことが強調されていました。

FOX版ピエトロしか知らないはずの事について、5話、6話では言及されていません。

しかし両方のピエトロが知り得ないはずのヴィジョンが一度死んでいる事や、視聴者も知らされていなかった「ヘックス内で演技させられている住人は脳に負担がかかっている」という事実を知っているなど、とにかく怪しさ満点のキャラクターになっています。

このピエトロはMCU版、FOX版どちらでもなく、ピエトロの姿をした第三者と考えるほうがスムーズで矛盾がありません。そうなると気になるのが誰がピエトロになっているのかという問題です。

メフィストやナイトメアなどのオカルト系ヴィラン説

「ワンダヴィジョン」を吹き替えで見ている場合気づきにくいのですが、ドラマでは要所要所で悪魔(demon、devil)というワードが登場します。

©2021 MARVEL,Disney

また、コミックでのワンダの双子は悪魔メフィストの魂がまじって誕生した経緯があり、双子は人間ではなく魔力の塊でした。最終的に双子は吸収され消えてしまい、ワンダはそのトラウマが原因で暴走、師匠のアガサ・ハークネスが双子に関する記憶を消すことで処置したエピソードがありました。後にこの双子は転生し、遺伝子的な双子ではなく魂レベルの双子として再会し、ヤングアベンジャーズに加入したのがビリー(ウィッカン)とトミー(スピード)です。

ピエトロは双子を「悪魔の子」と呼んでいたので、コミックのオマージュか、あるいは実際に悪魔が介入している可能性があります。

ナイトメアは夢の中で人を自由に操るヴィランですが、ウェストビューは夢の世界ではないと言うことが分かったため、コミックベースのナイトメアならば成立しない仮説となっています。

メフィストは強力なヴィランで、マインドコントロールや現実改変能力など持ち合わせており、どれもがワンダの上位互換と言えるものです。ワンダ自身が操られているとしたら、メフィストはその原因として最適なヴィランです。

ロキ説

エンドゲームでテッセラクトを持って逃げたロキがここに来ている可能性は否めません。ドラマ「ロキ」はトレーラーが一本公開されたのみで詳細は不明ですが、マルチバースが関係している作品であることは判明しています。

テッセラクトことスペース・ストーンを手に入れたロキが残りのストーンを集めるためにマルチバースを渡り歩く可能性は高く、時空を移動出来るようになったロキであればFOX版ピエトロの姿を見ることも出来ますし、MCUのタイムラインでヴィジョンが死んだことなどを知っていてもおかしくありません。

©2021 MARVEL,Disney

また、無駄口や軽口を叩いて有無を言わさずお仕置きをされる姿は「マイティ・ソー」シリーズでよく見てきたロキそのもので、現状で一番しっくりとくるピエトロの正体です。

もしもロキが介入しているのであれば、S.W.O.R.D.を襲撃したワンダもロキの可能性が出て来ることでしょう。

ドッティ

2話で登場し、異彩を放っていた「町内会の女王」。その後3話でワンシーンのみ出たあと、意外にも姿を表していません。

2話配信当時ではドッティこそがメフィスト説が主流でしたが、エマ・コールフィールドさんは4つのエピソードでキャスティングされているとされており、残り3つのエピソードのうち2つに登場するはずで、7話以降の動きに注目です。

sponsored link
 

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

配信開始まであと3週間 ─ ドラマ「ロキ」現時点でのキャスティング情報まとめ

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」に出演する主要キャストの現時点での情報をまとめてみました。公式、噂の情報をまとめてご紹介です。はたしてどんなキ …

【噂話】ドラマ「ロキ」シーズン2、シルヴィがラストで向かった先はソーとの合流か

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2の最終話が先週から配信され、感情的な結末を迎えました。そのラストシークエンスの一部ではシルヴィとメビウス …

ディズニープラスで「ミズ・マーベル ガイドブック」配信開始

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」のドキュメンタリー番組「A Fan’s Guide to Ms. Marvel」(邦題:ミズ・マーベル ガイドブック)がドラマ開 …

サミュエル・L・ジャクソンさんがドラマ「シークレット・インベージョン」にマーティン・フリーマンさんが参加している事を明かす

現地時間の3月10日木曜日にニューヨークで開催されたトークショーの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが、ドラマ「シークレット …

【ネタバレ注意】ドラマ「ホークアイ」に新たなローニンの登場が確定か?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のコンセプトアートや玩具の新商品リストが流出し、それらがクリント・バートンではない新たなローニンの存在と、その正体を示唆していると海 …

PREV
クリス・ヘムズワースさん、映画「ソー:ラブ&サンダー」のトレーニング風景を公開
NEXT
映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」興行成績、「僕はチャイナタウンの名探偵3」に敗れる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。