まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」はシリーズ完結作に、米ソニー会長が認める

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」がシリーズを締めくくる最後の作品になることが明らかとなりました。ソニー・モーション・ピクチャーズ・グループ会長のトム・ロスマン氏が、海外メディア Deadline とのインタビューの最中にこれを認めています。

sponsored link
 

ロスマン会長は今後の映画戦略において「ゼルダの伝説」の実写映画が重要になるとする中で、いくつかのマーベル作品について言及しています。

この映画は、(任天堂のゲームデザイナー)宮本茂との可能な限り密接な協力のもとで開発・制作されています。彼はその世界の真の天才であり、彼の強力なヴィジョンがこの映画を動かしています。彼がこの世界を創り出し、それを完全に理解しているのです。「スーパーマリオブラザーズ」の結果を見ればわかる事です。私が言いたいのは、今後の健全なラインナップは、一方に偏るのではなく、バランスの取れたビッグIPの確固たる続編を持つことだと思います。

フィル・ロードとクリス・ミラーによる最後の「スパイダーバース」映画が公開されるとき、それは大きなイベントになるでしょうし、次のトム・ホランド主演の「スパイダーマン」映画も同様です。また、ラルフ・マッチオとジャッキー・チェン、そして新しい若い『カラテキッド』のストーリーラインがすべて一つにまとまるとき、それはファンにとって大きな瞬間となるでしょう。我々にはそういった作品があります。そして、最終作となる「ヴェノム」第3作目も非常に大きな映画となるでしょう。

ロスマン会長はゲームやコミックを原作とする作品、大作の続編、そしてより冒険的な新しい作品をバランスよく取り揃えたラインナップが勝利に繋がると信じていると語りました。

「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」はそのタイトルからも完結作である事が予想されていましたが、今回、トム・ロスマン会長がこれを認める事になりました。

ヴェノムはSSUの始まりとなった作品で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でいうアイアンマンのような役割を担うと考えられていましたが、SSUでは現状「アベンジャーズ」のような作品が公開されておらず、今後の予定としても発表されていません。

sponsored link
 

そのヴェノムが実際に今年で終わってしまうという事で、今後のSSUがこのままフェードアウトしてしまうのか、それとも誰もが驚くようなサプライズが仕掛けられているのか、注目となっています。

映画「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」は 2024年10月25日 米国劇場にて公開予定です。 

ソース:Tom Rothman Fetes Columbia Pictures Centennial, Talks Quentin Tarantino, Streaming & How To Bring Young Audiences Back To Movie Theaters

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「シーハルク」のタチアナ・マスラニーさんはソニーのオーディションで落とされた事を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の主演を務めるタチアナ・マスラニーさんが、ポッドキャスト Comedy Bang Bang …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」脚本家はワンダが戻ってくる事を願っている

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが、海外メディア Empi …

映画「ドクター・ストレンジ」のためにギレルモ・デル・トロ監督がスタジオと面会していた事が明かされる

マーベルのコミックライターのニール・ゲイマンさんが Happy, Sad, Confused ポッドキャスト に出演し、「アイアンマン」1作目が公開されるよりも以前の2007年にマーベル・スタジオとギ …

マーベル・スタジオ元幹部とディズニーの和解が報じられる

2023年3月にマーベル・スタジオの元幹部ヴィクトリア・アロンソ氏が解雇された件について、ディズニーとの和解が成立したと、各種海外メディアが報じました。アロンソ氏は先月、退社しているのが判明した直後、 …

【噂話】「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、日本とアダマンチウムの関係が再度報じられる

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で紹介されるというアダマンチウムについて、新たな情報が報じられていま …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。