まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」、監督がクレジットシーンの先の可能性について言及

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のSSUの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が海外メディア Deadline のポッドキャスト Hero Nation にゲストとして登場し、本作のクレジットシーンについて話しました。

※これより先は「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

番組の中でサーキス監督は「この作品は明らかにアークを描いています。私たちは個々の映画を考えていたわけではなく、最終的にどこへ行くのかを考えていました。本作は私たちを先に連れて行ってくれますが、これはヴェノムバースの中で他の探索をする余地を残しています。ヴェノムがスパイダーマンと対決する前に、他の面白いキャラクターと対決することもできるのです。」と語りました。

また、海外メディア CBR とのインタビューではこのシーンが物語の序盤に来る可能性があったことも明かしています。監督はこのシーンについて「もちろん、私が参加したときから、撮影中からずっとその話は出ていました。僕が参加したときも、撮影中も、そして撮影中も、『僕たちは…やるのか?それは…?どうやってやるんだ?” という感じでした。さらに、もっと序盤に来るバージョンもありましたが、このちょっとしたティーザーのような瞬間が最終的にたどり着いたところです。なぜかって?それは、物事をオープンにしているからです。」と述べました。

サーキス監督は、このシーンそのものや、今後のヴェノム映画やMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にとっての意味を具体的には語りませんでしたが、次のように予告しています。「必ずしもポータルが…ということではなくて、次に起こることがポータルである必要はないんです。可能性はあります。曖昧なままにしておきたかったのですが、同時に皆さんに可能性があることを知ってもらいたかったのです」とコメントしました。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の公式あらすじは以下の通りです。

「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは、サン・クエンティン刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し、収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行の時が迫っていた。「私の秘密を教えよう」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が普通の人間とは異なることに気づく…… 死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒――。世界を闇へと変えていく。

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は 2021年12月3日 より公開中です。

ソース:Venom: Let There Be Carnage Director Addresses SPOILER in the Post-Credits Scene 、 Venom 2’s Big Mid-Credits Moment Almost Happened Earlier in the Film

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ニュー・ミュータンツ」 コロナウイルスの影響で米国公開延期

映画「ニュー・ミュータンツ」の公開延期を米メディアのdeadlineが報じました。 4月3日に公開を控えていた「ニュー・ミュータンツ」ですが、世界的に広がりをみせる新型コロナウイルスの影響で公開が見送 …

映画「ブラックウィドウ」の新たなスペシャルルック”Playmaker”が公開

公開まで残り約1ヶ月に迫ったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」から新たな動画「Playmaker」が公開されました。一瞬ではありますが、いくつかの新しいカットも含 …

マーク・ラファロさんがハルク引退の時期について語る

2012年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ」でハルク/ブルース・バナーを演じ、その後2022年のドラマ「シーハルク」まで同役を続けているマーク・ラファロさんが …

映画「スパイダーマン:NWH」初期の脚本には大物キャラクターがいたという

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したクリス・マッケナさんとエリック・ソマーズさんは海外メディア The Wrap とのインタビュ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、日本のディズニープラスでも6月22日より配信へ

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」が日本のディズニープラスでも6月22日に配信となる事が発表されました …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。