まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マイケル・キートンさんが映画「モービウス」の再撮影に取り組んでいるという

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」でバルチャー/エイドリアン・トゥームスを演じていたマイケル・キートンさんが、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の再撮影の最中であると海外メディア Murphy’s Multiverse が報じました。

sponsored link
 

先日ジミー・キンメル・ライブに出演したキートンさんが「バルチャーの撮影中」だと明かしましたが、記事によるとこれは「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ではなく「モービウス」であると伝えています。

「モービウス」の公開は2022年1月28日(日本未定)と2ヶ月を切っていますが、今なお再撮影に取り組んでいるようです。再撮影の理由については明らかにされていません。

しかし記事ではこの再撮影について、今後のMCUとSSUのクロスオーバーのきっかけを強化している可能性が高いとも伝えています。

「モービウス」の中でバルチャーはどのような役割を果たしていくのでしょうか。

本作の公式あらすじは以下のとおりです。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる…… このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は 2022年1月28日 米国公開予定、日本での公開は2022年内です。

ソース:EXCLUSIVE: ‘Morbius’ Filming Additional Scenes Involving Michael Keaton’s Adrian Toomes

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」の第1弾トレーラーが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のトレーラーが公開されました。動画はマーベルの公式Youtubeチャンネル(日本語版はディズニー・スタジオチャ …

トム・ホランドさんがTVショーでドッキリを仕掛けるも・・・

ディズニー/ピクサーの新作映画「Onward」(邦題:2分の1に魔法)が2020年3月13日に公開されます。 そのプロモーションとして、主人公兄弟の兄バーリーの声優を務めるクリス・プラットさんが米AB …

映画「アイアンマン」、初期プロットではヴィランはアイアンモンガーではなくマンダリンだった

2008年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン」の初期プロットにヴィランとしてマンダリンの存在があった事が先日米国にて発売された裏話満載の公式本「The Story …

映画「ブラックウィドウ」、日本での公開も7月9日(金)に延期へ ─ ディズニープラスでも同日配信

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が、先週発表された米国での公開延期に伴って日本でも延期されることが発表されました。新たな公開日は 2021年7月9日(金)で、米 …

映画「シャン・チー」公式Twitterが偽マンダリンの帰還を示唆 ─ 「アイアンマン3」以来8年ぶり

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の米公式ツイッターがワールドプレミアイベントの写真を共有しました。その中には映画「アイ …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。