まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「モービウス」にスパイダーマンはいる?監督が「トニー・スタークもファンタスティック・フォーもいる」とコメント

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」のダニエル・エスピノーサ監督が、海外メディア CinemaBlend とのインタビューの中で、「本作にスパイダーマンがいるか?」と質問されて「もちろんだ」と回答しました。

sponsored link
 

インタビュアから「このニューヨークにスパイダーマンはいますか?」と質問されたエスピノーサ監督は、「もちろん! つまり、ほとんどすべてのスパイダーバース、あるいは、マーベルの世界に存在したユニバース、コミックを読むと、そういう全体的な考え方が–マーベルのひも理論、とでも言うのでしょうか–あるのです。これは、「となりのサインフェルド」を思い出すと、とても関連性があります。同じキャラクターが登場する世界があって、それは全キャラクターなんですが、微妙に違うんです。つまり、ほとんどすべての節で、スパイダーマンがいたり、ファンタスティック・フォーがいたり、トニー・スタークがいたり、モービウスがいたりするわけです。でも、彼らはユニバース毎にトーンが違うでしょう。」と述べました。

さらに、「マーベル・シネマティック・ユニバースがこのアイデアにアプローチする方法とは少し違いますが、彼らはある核となる真実にとどまっているのです。2つ目の伝説は、トーテムに関するものです。すべての宇宙にはクモのトーテムが存在するというものです。つまり、すべての宇宙にはスパイダーマン、あるいはスパイダーウーマンが存在するはずだということです。」と説明しました。

「本作にスパイダーマンが登場する」との明言はありませんでしたが、「モービウス」の世界は無数のマーベル・ユニバースのひとつであり、他と同様にスパイダーマンだけでなく、トニー・スタークやファンタスティック・フォーなど他のキャラクターも存在している前提で開発した事を明かしました。

映画に実際に誰が登場することになるかは劇場公開後、自身の目で確かめる必要があるようです。

本作の公式概要は以下のとおりです。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる…… このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は 2022年4月1日 日米同時公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Is Spider-Man In The Morbius Universe? The Director Finally Explains

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

理論物理学者の加來道雄先生がMCUのマルチバースの正解点、矛盾点を解説

素粒子や超ひも理論の専門家の加來 道雄(ミチオ・カク)さんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のマルチバースについて、実際の理論に基づいている事、そうでない所を解説した動画の日本語字幕対 …

クリス・エヴァンスさんが最近のスーパーヒーロー映画事情についてコメント、「陰口ではありませんよ」

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などでキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースを演じたクリス・エヴァンスさんがエメラルド …

映画「ブレイド」の破棄された脚本が判明、100年前から始まる予定だった

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」の脚本内容について、海外メディア The Illuminerdi が報じました。先日はバサーム・タリク監督の突然 …

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」、ミステリオ役ジェイク・ギレンホールさんが「なりたかった俳優になれた」と振り返る

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」にミステリオ/クエンティン・ベックとして出演した俳優のジェイク・ギレンホールさんが、 …

ダフネ・キーンさん、デッドプールのMCUデビューについて心境を明かす

FOX制作のX-MENシリーズの映画「ローガン」でX-23/ローラを演じたダフネ・キーンさんが、海外メディア Looper とのインタビューに応じ、マーベル・スタジオが制作するとされている「デッドプー …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。