まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「マダム・ウェブ」ダコタ・ジョンソンさんはエリザベス・オルセンさんにアドバイスを求めたと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の主演を務めるダコタ・ジョンソンさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じているエリザベス・オルセンにアドバイスを聞いていた事を、海外メディア L’Officiel USA とのインタビューの中で明らかにしました。

sponsored link
 

動画の中でダコタ・ジョンソンさんは「マダム・ウェブ」にキャスティングされた時を振り返って次のように話ています。

マダム・ウェブの役をもらったとき、ホテルのロビーでリジー・オルセンに会い、そのこと(マーベルの映画)について少し話しました。それが役に立ちました。彼女はとても楽しかったと言いましたし、とてもリラックスしていたようで、安心して参加する事が出来ました。

熱心なファンなら既におわかりだと思いますが、MCUとSSUはまったく異なるシリーズです。

エリザベス・オルセンさんは以前にマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長との会話で「体系を維持しなさい」と言われた事はないし、「いつ妊娠しても良い」と言われ、プライベートで太ろうが痩せようがスタジオは何も束縛せず、作品側でなんとかすると言ってくれたというエピソードを明かしていました。

ファイギ社長の方針が「マダム・ウェブ」にも適用されているわけはありませんが、ダコタ・ジョンソンさんが参加した「マダム・ウェブ」は制作側とキャスト側に大きなトラブルもなく完成に至ったようです。

ダコタ・ジョンソンさんはSNSで「マダム・ウェブ」のキャスティングを認めた時にも「マーベル・スタジオ」のタグを添えていた事で話題になり、今回のインタビューに至るまで「マダム・ウェブ」をMCU作品だと勘違いしつづけている可能性がありそうです。

この映画での共演者、シドニー・スウィーニーさんも「アベンジャーズは20回か30回見た。家族もアベンジャーズが大好き」とMCUとSSUを混同している可能性を見せており、「モービウス」のマット・スミスさんも別作品での共演者でMCUでネビュラを演じているカレン・ギランさんにアドバイスを貰ったと話していました。

俳優陣もいまいち理解しきれていないMCUとSSUはクロスオーバーしそうでしない展開が続いています。彼らが混同するのは単に複雑なだけなのか、それとも既に「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」でのクロスオーバーに向けた具体的な話が進んでいるのか、一体どちらなのでしょうか。

映画「マダム・ウェブ」は 2024年2月14日 米国劇場にて公開、日本では 2024年2月23日 劇場公開予定です。

sponsored link
 

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

マイルズ・モラレスはMCU「スパイダーマン4」でデビューする?トム・ホランドさんが言及

ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演トム・ホランドさんが、海外メディア Inverse …

【映画紹介】「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」キャップ誕生の物語【MCU Vol.5】

※この記事は本作の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2011年公開の映画「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベン …

ドラマ「シークレット・インベージョン」の再撮影には4ヶ月が見込まれていると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」の再撮影が最長4ヶ月間に渡って行われる見通しであると、海外スクーパーのダニエル・リヒトマンさんが Patreon …

映画「マダム・ウェブ」はアクション映画ではないとプロデューサーが明かす

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のプロデューサー、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラさんが、海外メディア Collider とのイン …

映画「ドクター・ストレンジ」、ベネディクト・カンバーバッチさんはブラックウィドウとの共演が少なかった事を残念に思う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」シリーズで主人公ドクター・スティーブン・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチさんが、海外メ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。