まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」、アレッサンドロ・ニヴォラさんが役割やあらすじについて触れる

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」でメインヴィランを演じると報じられているアレッサンドロ・ニヴォラさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューに応じ、出演に至った経緯や自身の役について語りました。

sponsored link
 

「クレイヴン・ザ・ハンター」がJ・C・チャンダー監督との二度目の仕事になる事について質問されたニヴォラさんは、「そうですね。今まで、どの監督も僕を2回雇ったことはなかったから、面白いですよね。そして1年後には、デヴィッド・O・ラッセルがJ.C.と同じように2作目(『アムステルダム』)に出してくれたので、この船は回っているのかもしれませんね(笑)。でも、『クレイヴン』の一番の魅力は、J.C.が監督を務めるということでした。また、クリス・アボットとは『A Most Violent Year(邦題:アメリカン・ドリーマー 理想の代償)』で知り合ったので、ある意味同窓会のようなものです。」と語りました。

そして、「クレイヴン・ザ・ハンター」が全編ロケ撮影を行ったという事について、「この手の映画にはある種の方程式がありますが、J.C.はオールロケで撮りたいと言っていました。この映画の登場人物の身体能力も、より現実に即しているんです。人が空を飛び回ったりはしません。J.C.は、今まで見たこともないようなすごいオリンピック選手と表現していました。しかも、まだ公表できないこの役は、僕にとってまさに演技のチャンスだったんだ。今にわかりますよ。」と役については慎重に答えました。

しかし、「これは素晴らしいキャラクター・パートで、CGIを使う必要はありませんでした。グリーンスクリーンを使う必要もないわけです。私は映画の最後の瞬間にだけ物理的に変身する、典型的な悪役です。」と述べ、「本当に興味深く、複雑な心理や個人的な歴史が描かれています。映画にはタイムジャンプがあるから、キャラクターは映画の冒頭の姿から大きく変化する事になります。スパンデックスの服を着る必要もなく、今まで出演したどの作品にも劣らない演技の機会でした。」と、キャラクターとあらすじに関するヒントを漏らしました。

アレッサンドロ・ニヴォラさんが何のキャラクターを演じているのかは公式発表がなく、海外ファンは彼が何のキャラクターを演じるかについて議論を交わしています。有力な一人として囁かれているのはグレゴリー・ハード(ヘルド)で、優秀なエンジニアである彼は「ギャザリング・オブ・ファイブ」のメンバーの一人でした。コミックのグレゴリーはノーマン・オズボーンやオットー・オクタヴィアスといったスパイダーマンのヴィランとも関係している他、「ギャザリング・オブ・ファイブ」は「マダム・ウェブ」との関連もあるため、彼が登場する事は理にかなっていると考えられているようです。

本作では主人公クレイヴンをアーロン・テイラー・ジョンソンさんが演じ、クレイヴンの父親役にラッセル・クロウさん、異母兄弟のカメレオン役にフレッド・ヘッキンジャーさん、恋人カリプソ役にアリアナ・デボーズさんヴィラン役にアレッサンドロ・ニヴォラさんクリストファー・アボットさんの名前が報じられています。

撮影は既に終了しており、現在は劇場公開に向けてポストプロダクションの最中となっています。

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」は、2023年1月13日に劇場公開予定です。

ソース:Alessandro Nivola Talks ‘Kraven the Hunter’ Villain and “Exhilarating” Process Behind ‘Amsterdam’

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ニュー・ミュータンツ」の新しい劇中写真が公開

旧社名20世紀FOXが手掛けた最後のX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」の新たなスチル写真が公開されました。 人気のビジュアルエフェクト雑誌Cinefexが公開したもので、アニャ・テイラー …

「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーンさん、グリーンゴブリン再演について再度意欲を示す

2014年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でグリーンゴブリン/ハリー・オズボーンを演じたデイン・デハーンさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、グリーンゴブ …

シドニー・スウィーニーさん、SSU映画「マダム・ウェブ」に参加する事は最高にクールだと語る

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」に出演予定のシドニー・スウィーニーさんが、海外メディア The Hollywood Reporter と …

映画「エターナルズ」、ソーやスパイダーマンに言及した新たなトレーラー”Fun”が公開

来週公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の新たなトレーラーが公開されました。今回公開された動画は「Fun」とタイトルが付けられ、キンゴたちが機内でアベンジャー …

映画「ソー/ラブ&サンダー」は追加撮影の予定を抱えていると報じられる

7月の劇場公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」が近々追加の撮影の予定を立てていると、海外メディア The Wrap が報じました。この撮影による公開 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。