まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【ネタバレ注意】映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」、制作クルーが撮影の舞台裏を公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズが制作した大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のコスチュームデザイナーを務めるトレイス・ジジ・フィールドさんが本作に出演する、とある俳優さんの衣装など、自身のInstagramにてその撮影の舞台裏の写真を投稿しています。

※これより先は「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trayce💄(@traycegigifield)がシェアした投稿

写真にはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」でアーロン・デイビスを演じたドナルド・グローバーさんが映されており、「アクロス・ザ・スパイダーバース」ではアーロンの変異体としてヴィランのプラウラーのコスチュームを着用して出演しています。

コミックのアーロン・デイビスはスパイダーマン/マイルズ・モラレスの叔父でありヴィランのプラウラー。プレイステーション版のゲームでも同様に描かれていましたが、「ホームカミング」の削除シーンではトム・ホランドさん演じるピーター・パーカーとのやり取りの中で甥っ子がいる事が判明していたものの、「ノー・ウェイ・ホーム」を終えてもMCUにマイルズ・モラレスが導入される事はなく、アーロン自身も再登場していませんでした。

先日はエイミー・パスカルプロデューサーがマイルズ・モラレスの実写化に取り組んでいる事を認めており、ドナルド・グローバーさん演じるプラウラーがSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画で再登場する可能性は大いにあるかもしれません。

sponsored link
 

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 より米国公開中、日本は 2023年6月16日 公開予定、続編「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」は 2024年3月29日 に米国公開予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」脚本家がクアントマニアの削除シーンについて語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」と映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」の脚本を務めるジェフ・ラヴネスさんが …

【噂話】MCUのデイジー・ジョンソンは新しく描かれるという

マーベルテレビジョン制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」に登場していたデイジー・ジョンソンが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)への登場にあたって新しくそのオリジンが描き直されるよ …

マーベル・スタジオから映画「ブラックパンサー2」のキャスト&クルーに送られたメッセージの内容が報じられ、2022年1月の撮影再開が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の撮影中にシュリ役のレティーシャ・ライトさんが負傷したことで撮影が中断している事 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、ラッセル・クロウさんの役柄が判明

先月末に映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督やクリス・ヘムズワースさんたちキャスト陣と一緒にラグビー観戦を楽しむラッセル・クロウさんの姿が目撃され、多くの海外メディアで出演の …

エリザベス・オルセンさんがイベントで「はやく戻りたい」とワンダ再演を示唆

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」などでスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じたエリザベス・オ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。