まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

グウェン・ステイシーのコミック新シリーズ「スパイダーグウェン:スマッシュ」のカバーアートが公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルが2023年12月からスタート予定のコミック「スパイダーグウェン:スマッシュ」のカバーアートを公開しました。スパイダーグウェン/グウェン・ステイシーを主人公とする新シリーズでは、グウェンが自身のユニバースに戻る旅の途中で、音楽界のレジェンド・ヒーローたちや新たな恐ろしいヴィラン、そして人気ヒーローのEarth-65バージョンに出会うことになると言います。

sponsored link
 

先月のサンディエゴ・コミコンで初めて発表された「スパイダーグウェン:スマッシュ」は、メリッサ・フローレスさんが(『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』)が執筆し、イーニッド・バラムさん(『ケイト・ビショップ:ホークアイ』)がアートを担当しています。

公式概要は以下の通り。

ロックバンド「メリー・ジェーンズ」は、Earth-65最大のロック・バンドの一つのオープニング・アクトとして4都市ツアーに出発。グウェンはバンドに、この大ブレイクは音楽がすべてだと約束した。ウェブ・スリングはなし、ドラムだけ。しかし、謎の暗殺者にヘッドライナーを狙われたグウェンは、そもそもどうやってこの仕事を手に入れたのか疑問に思い始める。

また、このツアーの途中でダズラーやライラ・チェイニーといった伝説的なミュージシャン・ヒーローとも出会う事になるといいます。

ライターのフローレンスさんは「この限定シリーズを書くのに人生で最高の時間を過ごしています!グウェン・ステイシーがホーム・ディメンションでメリー・ジェーンズとツアーに出かける際に、彼女の音楽的な側面を探ることができるのは、この上ない喜びです。」と本作の執筆について語りました。

また、「スパイダーグウェン、別名ゴースト スパイダーの力の限界が予期せぬ新たな敵に対して試されるだけでなく、彼女の人間関係も同様です。ツアー バス内で不快な状況になったときに、別の世界への脱出ポータルはありません。」とコメントしています。

スパイダーグウェンが登場してから10年弱が経過し、すぐに人気となった彼女はアニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」と「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」で中心キャラクターの一人として活躍しました。今後の実写化計画があるのかどうかも注目されています。

スパイダーマンの公式X(旧Twitter)ではデビッド・ナカヤマさんによるメインカバーと、エリザベス・トルクさん、桃桃子(ピーチ・モモコ)さんによるヴァリアントカバーを公開中。

コミック「スパイダーグウェン:スマッシュ #1」は 2023年12月14日 米国リリース予定です。

sponsored link
 

-コミック
-

執筆者:

関連記事

マーベル公式のキャラクター描き方講座の動画が公開

マーベルは各アーティストによるマーベルキャラクターの描き方講座の動画「How to Draw」を配信しました。 第1弾としてThemed Entのクリエイティブディレクター、ブライアン・クロスビーさん …

コミック「Aero」Vol.1の発売と共にトレーラーが公開 ─ 上海を守る女性ヒーロー

上海を中心に活動するヒーロー、エアロの単独作品となる「Aero」のペーパーバックが2020年2月25日に発売となりました。 そしてMARVELの公式Youtubeチャンネルにてそのトレーラーが公開され …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の指輪の原作設定を紹介!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のトレーラーが解禁され、その中には本作のヴィランであるマンダリンことシャン・チーの父ウェン・ウーがリングを装着 …

コミックのワスプはMCUのために変更が許可されなかったという

「ラブ・アンリミテッド」最新号を記念して、「ザ・アンストッパブル・ワスプ」のライターを務めるジェレミー・ウィットリーさんが、ワスプを無性愛者として描くことが出来なかったのはMCU(マーベル・シネマティ …

コミック「カーネイジ」の概要が発表

マーベルコミックがカーネイジ生誕30周年を記念したソロシリーズ「カーネイジ」の詳細を発表しました。2月に発売されたアンソロジー作品「カーネイジ フォーエバー」に続き、全く新しいシリーズをスタートさせる …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。