まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

MCUドラマ「ホークアイ」、ケイト役の女優を新たに選出か

投稿日:2020年2月10日 更新日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4のドラマのうち、未だに撮影開始の報告がない「ホークアイ」。
ジェレミー・レナーさん演じるクリント・バートン(ホークアイ)の引退作品とされ、2代目ホークアイことケイト・ビショップが登場との事です。

sponsored link
 

ケイト役には映画「バンブルビー」(2018)で主演したヘイリー・スタインフェルドさんが候補とされており、彼女のスケジュールの問題で撮影が延期されていると報じられていました。

ヘイリー・スタインフェルドさん

そんな中、海外メディアのMCU Cosmicがマーベル・スタジオがケイト役の女優オーディションを行ったと伝えています。

The Search for Kate Bishop in Hawkeye Continues

記事によるとスタジオ側は複数人の女優と面会を予定しているとし、いずれの女優も主演クラスの知名度で、うち一人はSF超大作に出演した経験もある、申し分のない候補だ、と伝えています。

コミックでのケイト・ビショップは2代目ホークアイという重要なキャラクター。さらに彼女はヤングアベンジャーズのメンバーでもあります。
MCUにおいても、報道どおりクリントが引退するのであればやはりケイトが2代目となる可能性は高く、知名度のある女優さんをキャスティングするのも納得です。
ただし、MCUではクリントの娘、ライラ・バートンが弓術を練習しているシーンもあったため、ライラとケイトは別なのか、あるいはライラがケイトを名乗るのか、まだまだ未知数の部分が多いですね。

ドラマ「ホークアイ」はディズニー+(プラス)にて2021年秋頃、米国配信予定となっています。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

「ノヴァ」実写化計画に続報、ディズニープラスのリミテッドシリーズか

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品として「ノヴァ」の実写化計画を進めている事が、海外メディア Deadline のレポートより判明しました。記事によると、ディズニー …

米ディズニープラスが広告付の低料金プランを検討していると報じられる

ディズニーがアメリカで展開しているストリーミングサービス「ディズニープラス」の低料金プランが検討されていると、海外メディア The Information が報じました。サービス開始数年でストリーミン …

ケヴィン・ファイギ社長がMCUフェーズ6までの発表を行った理由を明かす

2019年のサンディエゴ・コミコンに登場したマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4に関する映画とドラマの発表を行いましたが、今年はより多 …

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」、最終話予告にレッドハルク登場?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の最終予告「Beginning」がYoutubeの公式チャンネルで公開されました。その動画の …

ドラマ「ルーク・ケイジ」、マイク・コルターさんは再演に前向きになったと言う

Netflixのマーベルドラマ「ルーク・ケイジ」で主人公ルーク・ケイジを演じた俳優のマイク・コルターさんが、The Rich Eisen Show に出演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバー …

PREV
映画「ニュー・ミュータンツ」の劇中フォトが公開
NEXT
【映画紹介】「マイティ・ソー ダーク・ワールド」【MCU Vol.8】

  1. […] MCUドラマ「ホークアイ」、ケイト役の女優を新たに選出か MCU「ドラマ」のケイト・ビショップ役の女優さんについて、スタジオ側が新たにオーディションを行ったと報じられました […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。