まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

スカーレット・ヨハンソンさん、映画「ブラックウィドウ」がラストである事を示唆する

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンさんが、海外メディア Total Film とのインタビューで今後のMCUについて言及し、これが彼女のカメラの前での最後の時間であることを示唆しました。

sponsored link
 

ヨハンソンさんは本作が完成した感想と、MCUとの将来についてコメントしました。

マーベル・ファミリーを愛しているので、確かにほろ苦いですね。彼らは常に家族です。彼らとの共演を逃しているように感じるのは嫌だから、参加しない準備をすることはありません。そして、誰にもわかりません。また、いつかは別の形でコラボレーションする機会があるかもしれません。彼らと一緒にこの作品を制作できたことは、確かに素晴らしいことでした。なぜなら、私はそのプロセスを本当に知ることができ、彼らを他の全く親密な方法で知ることができたからです。とても刺激的でした。

そして本作を誇りに思い、ナターシャをずっと愛していると明かしました。

同時に、この章から先に進むことができて本当に良かったと思っています。この映画を信じられないほど誇りに思っています。とても強い作品で、とても美しく仕上がっています。たくさんの愛が込められています。すべてに意図と目的があります。そして、私はいつもナターシャを愛しています。彼女を演じるのが大好きだし、彼女がこの宇宙で一人立ちしているのを感じて、とても気分がいいんです。

さらに、この「ブラックウィドウ」で最後を迎えることは最適なタイミングであると説明しました。

あらゆる意味で、特に俳優としては、自分がトップに立っているときにその場を離れるのが常に良いことです。そして、何かに満足すること。それは素晴らしいことです。そして、私はこの作品で最高の気分を味わっています。本当にそう思います。誇りに思っています。ですから、他のみんながどう見るかはわかりませんよ。でも、私はこの経験をずっと愛しています。

スカーレット・ヨハンソンさんは以前から監督業にも興味を持っており、2011年には「Summer Crossing」の映画化で監督デビューする事を発表していましたが、MCUのプロジェクトや他作品で多忙のため、まだ制作されていません。

別の形でのコラボレーションとは監督業を指している可能性が高く、今後ヨハンソンさんがMCUの監督として戻ってくることがあれば、2代目ブラックウィドウと噂されているエレーナ・ベロワを主人公とした作品を制作するには最適かもしれません。

映画「ブラックウィドウ」は 2021年7月8日(木) より劇場公開、2021年7月9日(金)からディズニープラスでのプレミアアクセス予定です。

ソース:Black Widow: Scarlett Johansson, Florence Pugh on the gritty prequel unlike any other Marvel movie

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米公開延期が報じられる ─ 10月15日あるいは来年1月とも

ソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアメリカでの公開日が 2021年9月24日 からまたもや延期されると複数の海外メディアが報じています。先日公開されたトレーラーか …

ディズニーが実写版「ムーラン」を再延期から一転ディズニープラスで公開 ─ 「ブラックウィドウ」への影響は?

ディズニーが実写映画「ムーラン」をディズニープラスで直接配信することを発表しました。「ムーラン」は 2020年3月9日 劇場公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受け 2020年9月4日 へと延 …

マーベルから謎に包まれたティザー「マーベル・メイド」が発表

CBRによると、今週発売されたマーベルコミックにて、「マーベル・メイド」と描かれた謎のディザーが公開されました。 これはコミックスに関する発表なのか、あるいは映画やゲームに関するものなのか、いずれも不 …

米ディズニープラス、11月12日から映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」配信、同日にはマーベルスペシャルルックも発表

米ディズニープラスが2021年11月12日のディズニープラスデイから、マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」をサブスク会員向 …

キアヌ・リーブスさんがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と面会した事を認める

俳優のキアヌ・リーブスさんが映画「マトリックス レザクレクションズ」のプロモーションとして海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じた中で、あらためてMCU(マーベル・シネマティ …

PREV
ドラマ「ロキ」脚本家と監督がカメオについて言及
NEXT
ドラマ「ロキ」、新たなトレーラーを公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。