まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

サンドラ・ブロックさんがMCUやスパイダーマン映画への出演の噂について言及

投稿日:

先日放送されたジミー・キンメル・ライブ!にサンドラ・ブロックさんが出演し、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」への出演の噂など、ネット上で議論されているマーベル関連の噂について質問されました。サンドラ・ブロックさんは以前にマダム・ウェブとしてキャスティングされていると報じられ、ソロ映画に先駆けて「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に登場するかもしれないとしてファンアートが制作され、話題になっていました。

sponsored link
 

ブロックさんは、その噂を息子が聞いていたらもっとたくさんの家事をさせる事が出来るとジョークを交えつつ、「私がマーベルの素材になっているとは思えません。」、「マーベルから打診されたことはありません。」と出演の噂を否定しました。

そして「マーベルではない何かの出演をオファーされた時にルイ(息子)がやらないでくれと言いました。ルイが私に求めていたものとは違っていました。そして彼は実際に正しく、公開されたときに見て”これは残念な作品だわ”と思った事があります。」とコメントしました。

映画の出演オファーを受けるかどうかは息子さんの意見が重要視されている事が明らかにされましたが、同時にマーベルからのオファーであれば息子さんが従順になるだろうという事も判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はトレーラーから5人のヴィランが登場する事が明らかになっており、コミックの「シニスター・シックス」にちなんでさらに隠されたヴィランがいるのではないかとも考えられている中、新キャラクターとなるマダム・ウェブまで紹介するのは尺的にも難しいことは明白なようです。

ブロックさん本人は否定する形となった今回の噂ですが、将来的にマダム・ウェブとしてスクリーンに登場する事はあるのでしょうか。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

世界中にスパイダーマンであることを明かされたピーター・パーカー。ドクター・ストレンジはピーターから頼まれ、人々のピーターがスパイダーマンだという記憶を消す呪文を唱えるが、時空が歪みを引き起こしてしまう…… それによりマルチバースが出現。それぞれのユニバースから、スパイダーマンの敵を呼び寄せてしまう。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の2021年米国内興行収入が2位を記録

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が2021年の米国興行収入で2位を記録しました。boxofficemojo の …

シャン・チー役シム・リウさん、「アベンジャーズ」に参加したいと語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演を務めるシム・リウさんが、海外メディア The Hollywood Report …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は米国Starz、欧州HBO Maxでサブスク配信へ

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の劇場公開から約2ヶ月が経過し、その舞台を映画館からオンラインへと変える時期が近づいて …

映画「ソー:ラブ&サンダー」の削除シーンがオンラインで公式リリース

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のBlu-ray発売を記念して、海外メディア IGN 経由で特典映像の削除シーンのひとつ「Looki …

米ディズニープラスから「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」が削除されたと報じられる

米国で展開中のディズニープラスにおいて、FOX制作の2000年公開の「X-MEN」や、2005年公開の映画「ファンタスティック・フォー」が削除されて視聴できなくなっていると、複数の海外サイトが取り上げ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。