まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

サム・ライミ監督、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」予告でドクター・オクトパスを見たときの心境を明かす

投稿日:

2002年から2007年にかけて公開された「スパイダーマン」シリーズのメガホンをとったサム・ライミ監督が、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のトレーラーでドクター・オクトパスが再登場したことについて、心境を語りました。

sponsored link
 

ライミ監督は海外メディア SyFy Wire とのインタビューの中で、予告を初めて見た時の感想を以下のように述べました。

あれは美しかった。彼はとても素敵だし、アニメーションも素晴らしい。ドック・オクの時は、タコの触手をパペットとアニメーションで表現していたので、パペットではないと思います。でも、スムーズでパワフルで、彼のコスチュームも気に入りました。素晴らしい映画になると思いますよ。

以前から再登場が噂され、実際にトレーラーで確認されたドクター・オクトパスの再登場は大きな話題となりました。公開された予告だけでは彼が以前のキャラクターと同一なのか、あるいはドラマ「ロキ」でいうところの変異体なのかは不明で、今後の情報公開、そして映画の公開に期待が高まっています。

そんなドクター・オクトパスを演じるアルフレッド・モリーナさんは以前のインタビューで17年ぶりにドクター・オクトパスを再演する事について、自身の老化を認め、トニー・スタークやニック・フューリーに適用されていたようなデジタルアンチエイジング技術を使って当時の見た目に戻っている事を明かしています。

そして、サム・ライミ監督は「スパイダーマン」の映画からは離れていますが、MCUの映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の監督を務め、ふたたびマーベル映画の世界に戻ってきています。

まだまだ謎だらけの両作品、次なる予告ではどんな衝撃映像が飛び出すのでしょうか。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

ソース:SAM RAIMI REACTS TO DOC OCK’S SURPRISE RETURN IN SPIDER-MAN: NO WAY HOME: ‘THAT WAS BEAUTIFUL’

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の米予約初日の売上が2022年で最高を記録したと報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のチケット予約がアメリカでスタートし、初日の売上が2022年で最高を …

映画「エターナルズ」よりLEGOの新商品が登場 ─ ヴィランらしき姿も

2021年公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」をモチーフにしたLEGOの新商品のパッケージ写真が海外で投稿され、そのビジュアルが明らかになりました。 ※これよ …

ルイス、カートに続きパクストン役俳優も映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に戻らないかもしれないと言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン」シリーズで、主人公スコット・ラングの娘キャシー・ラングの養父にあたるジム・パクストン。このパクストンを演じる俳優のボビー・カナヴェイル …

マーベル・スタジオが今後の「アイアンマン」「ブラックパンサー」について言及

マーベル・スタジオのプロデューサーでありEVP(Executive Vice President)であるビクトリア・アロンソ氏が今後のトニー・スターク/アイアンマンやティ・チャラ/ブラックパンサーにつ …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がMCUドラマの大型クロスオーバーの可能性について言及

マーベル・スタジオの社長のケヴィン・ファイギ氏が、海外メディア Entertainment Weeklyとのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の主要なディズニープラスキ …

PREV
桃桃子さん、フィル・ノトさんが描いた映画「ブラックウィドウ」Blu-rayケース用のヴァリアントカバーが公式無料配信中
NEXT
【噂話】MCU版「ミズ・マーベル」はコミックと異なる能力になる?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。