まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】マーベル・スタジオは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のためにベン・アフレックさんに声をかけたと言う

投稿日:

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のカメオのために、俳優のベン・アフレックさんにコンタクトを取っていたと、複数のメディアが報じました。アフレックさんは2003年公開の映画「デアデビル」にて、デアデビル/マット・マードックを演じていました。

sponsored link
 

BigScreenLeaks によると、「明らかな理由で、私はこのことを秘密にしておくように頼まれましたが、マーベルは本当にデアデビル役でのカメオ出演のためにアフレックに連絡を取りました。彼らは彼のチームに仮契約を送りましたが、何かが生まれたかどうかはわかりません。」と伝えています。

また、GeeksWorldWide のKCウォルシュ氏も「私も打診の話は聞いた」としつつ、「カメオは期待出来ないだろう」と付け加えました。

2021年6月にはベン・アフレックさんがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長の事を「天才だ」と絶賛するインタビューも報じられていました。さらに、その2ヶ月前の4月にはNetflixドラマ「デアデビル」のキャストであるデボラ・アン・ウォールさんが謎の投稿をしており、この前の段階で映画とドラマの両キャスト陣に連絡が行っていた可能性が考えられるようです。

デアデビルの昼の顔である弁護士マット・マードックは映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にも登場しましたが、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に別のマット・マードックを登場させる事で、ディズニープラスのドラマ「ロキ」を見ていない人にもマルチバースとはどういったものかを説明する機会を設定する予定だった可能性があります。

しかし今回の報道によると、カメオ出演は実現しない可能性のほうが高いようです。

本作の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です。

ソース:Marvel Reportedly Contacted Ben Affleck for Doctor Strange 2 Role

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」で新たな削除シーンが判明 ─ ハルクの火事現場救出活動

2019年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のクロスオーバー作品「アベンジャーズ/エンドゲーム」は「インフィニティ・ウォー」とあわせて900時間以上撮影したとも言われており、公 …

ディズニー+が日本でもサービス開始決定

ウォルト・ディズニー社が動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」を2020年の後半にも日本で開始すると明らかにしました。ディズニーが過去に配給した映画や独自作品を見られる同サービスは、米国と欧州を中 …

ソニー・ピクチャーズはまだ「シニスター・シックス」の計画を維持していると報じられる

ソニー・ピクチャーズは打倒スパイダーマンを掲げる6人からなるヴィランチーム「シニスター・シックス」の実写化計画を維持していると海外メディア Deadline が報じました。1964年のコミックでデビュ …

トム・ホランドさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の公開を祝福

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が2021年10月1日に米国で公開された事を受け、MCU(マーベル・シネマティ …

マーベル・スタジオが今後の「アイアンマン」「ブラックパンサー」について言及

マーベル・スタジオのプロデューサーでありEVP(Executive Vice President)であるビクトリア・アロンソ氏が今後のトニー・スターク/アイアンマンやティ・チャラ/ブラックパンサーにつ …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。