まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】ソニーはブラックキャット役にアニャ・テイラー=ジョイさんを望んでいるという

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズが開発に再度取り組んでいるという映画「ブラックキャット」のニュースが2021年6月に報じられて約半年。新たな情報が報じられています。ソニーは主人公ブラックキャット/フェリシア・ハーディ役にアニャ・テイラー=ジョイさんを考えていると、海外メディア Giant Freakin Robot ほか、数名のスクーパーが取り上げています。

sponsored link
 

ブラックキャットはコミックのスパイダーマンシリーズに登場するキャラクターで、「The Amazing Spider-Man #194」(1979年7月)に初登場しました。ブラックキャットは腕利きの快盗でしたが現在は改心し、クライムファイターや冒険家をしています。スパイダーマンの恋愛対象者の一人でもあります。

2014年の映画「アメイジング・スパイダーマン2」の段階で実写化が検討されており、「アメイジング・スパイダーマン2」にもフェリシティ・ジョーンズさん演じるフェリシア・ハーディが登場していました。しかし同作の成績が振るわず、計画は中止されたと報じられていました。

その後、2017年と2019年にも再始動が報じられていましたがいずれも情報は途絶え、2021年にまたもや再開発に取り組んでいると報じられました。

今月公開されたばかりの「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の記録的大ヒットを考えると今度こそ本当に実写化されるかもしれない、というのがファンの思いです。さらに、映画「モービウス」のトレーラーにはブラックキャットに関するイースターエッグも含まれており、こちらもファンの期待を煽る結果となっていますが、公式には「ブラックキャット」の製作発表はされていません。

今回のニュースで取り上げられたアニャ・テイラー=ジョイさんはFOX制作のX-MEN映画「ニュー・ミュータンツ」でマジック役を務めていますが、「ニュー・ミュータンツ」はその制作経緯上の問題から続編は絶望的と見られているため、ブラックキャットとしてマーベル映画に再登場する事はあまり問題ではないと考えられています。

ブラックキャットは単独映画でデビューするのか、ほかのSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)映画にカメオとしてデビューするのか、今後の情報には要注目です。

sponsored link
 

ソース:Exclusive: Anya Taylor-Joy Wanted For Black Cat Movie

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、パトリック・スチュワートさんが再演の可能性について語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に出演したパトリック・スチュワートさんが、海外メディア Variet …

East Continental Gemsから2万ドルのリアリティ・ストーンが発売

East Continental Gems社が、マーベル・スタジオのインフィニティ・サーガから、インフィニティ・ストーンに基づいた新しいジェネシスシリーズとして、最初の宝石を正式に発表しました。MCU …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアの編集されたあそこにテノッチ・ウエルタさんがコメント

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でネイモア・ザ・サブマリナーを演じたテノッチ・ウエルタさんが、ネット上で話題になっ …

ロバート・ダウニー.Jrさんがあらためて「アベンジャーズ」のタトゥーについて語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でアイアンマン/トニー・スタークを演じたロバート・ダウニー.Jrさんとクリストファー・ノーラン監督が映画「オッペンハイマー」のプロモーションとして海外メデ …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、第95回アカデミー賞に5部門ノミネート

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」が第95回アカデミー賞5部門にノミネートされた事が発表されました。作品の世界観を評 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。