まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー」シリーズ、ティ・チャラのリキャストを求めるSave T’Challa運動が拡大中、署名は4.5万人を突破

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」などの主人公ブラックパンサー/ティ・チャラを演じたチャドウィック・ボーズマンさんが2020年8月に亡くなり、その後、ディズニー及びマーベル・スタジオは同年12月に「ティ・チャラ役をリキャストしない」として、一時中断していた続編の制作を再開しました。しかし、2021年4月ごろからファンは「リキャストすべき」として署名活動を開始、当初の目標であった4万5000人の署名を突破したと、海外メディア Comicbook.com が報じました。

sponsored link
 

「ブラックパンサーとしてのティ・チャラの遺産は、チャドウィックで終わるのではなく、彼から始まるべきものです。彼が始めたことを続けてください」と、あるファンは、マーベルがボーズマンさんのキャラクターをMCUから書き出すことを再考するよう促す「ティ・チャラを再キャストせよ」「ティ・チャラを救え」キャンペーンの一環としてツイートしています。ファンは以前、ボーズマンさんの代わりではなく、「MCUにおけるティ・チャラの描写を継続するために役のリキャストを支持する」としてchange.org に請願を立ち上げています。

サイトでは「マーベル・スタジオがティ・チャラを外すなら、それは彼に自分を重ねていた観客(特に黒人の少年や男性)の犠牲の上に成り立つものです。それはまた、同様にこのキャラクターからインスピレーションを受けた何百万人ものファンも含みます」と、5万人近い署名が寄せられています。「リキャスティングをしないことで、最も人気のある、代表的な黒人スーパーヒーローの一人が、その遺産に追加する機会を阻害することになりかねないのです。伝説を殺す一番の方法は、彼らの物語を語るのを止めることです」、と説明しています。

2020年12月、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長はこれまでボーズマンさんが演じてきたティ・チャラをリキャストしないと発表しました。これについて「故俳優の描写は象徴的で、マーベルの過去のどの媒体におけるキャラクターの再演も超越しているからです。チャドが築いてくれた遺産を尊重するために、ワカンダの世界と第1作で登場した豊かで多様なキャラクターたちを引き続き探求していきたい。」と述べていました。同様にマーベル・スタジオのエグゼクティブ・プロデューサーであるネイト・ムーア氏も「MCU 616ユニバースでは、ティ・チャラを見ることはできません。」と述べています。

現在は続編映画である「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の制作が進められている他、ディズニープラスでのドラマシリーズの開発も発表されています。しかしディズニー及びマーベル・スタジオはティ・チャラのリキャストやCGによる再生を行わないと表明しているため、ファンはマーベル映画史上初の黒人スーパーヒーローの描写の機会が失われていく事を懸念しています。

チャドウィックさんの兄弟であるデリック・ボーズマンさんは、「チャドウィックはティ・チャラがMCUに継続することを望んでいただろう」TMZに語ったと報じられています。この事も後押しとなり、SNS上でも #RecastTchalla#SabeTchalla のハッシュタグをつけた投稿が増えています。

現在制作中の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」はシュリ役レティーシャ・ライトさんの撮影中の怪我が原因でスケジュールが遅れているものの、来月から再開される事が報じられています。また、シュリが登場するシーン以外は全て撮影が済んでいるとも言われているため、少なくともこの映画は当初の発表どおりリキャストしないままで制作される見込みです。

この署名活動を受けて、今の所公式からはコメントはありません。これまでに報じられている噂などでは、今後はシュリやエムバクがブラックパンサーを一時的に引き継ぎ、ティ・チャラの息子が王として即位するまでを描くとも言われています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年11月11日 に米国公開予定です。

ソース:“Save T’Challa”: Fans Urge Marvel to Recast Chadwick Boseman’s Black Panther

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

エリザベス・オルセンさん、映画「ドクター・ストレンジitMoM」の撮影が12月から始まることを明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが主演するドラマ「ワンダヴィジョン」が 2021年1月15日 からディズニープラ …

「エターナルズ」は「アベンジャーズ エンドゲーム」の後の物語

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU) の25作品目、フェーズ4の作品である「エターナルズ」は「アベンジャーズ エンドゲーム」(2019)の後の物語になることを、ウォルト・ディズニーとマーベル …

タイカ・ワイティティ監督、映画「ソー ラブ&サンダー」についてファンからの質問に答える ─ バトルロイヤルのウォッチパーティーにて

先日、タイカ・ワイティティ監督がInstagram上で、自身が監督を務めた映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(原題:Ragnarok)のウォッチパーティーを開催しました。 その中で、次回作「ラブ& …

「ビッグ・ヒーロー・シックス」のMCU参入の噂をディズニーが否定と報じられる

昨日多くの海外メディアが取り上げた「ビッグ・ヒーロー・シックス」のヒロ・タカチホとベイマックスがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に導入されるとの噂話について、ディズニーが否定したと海外メ …

マーベル・スタジオ、「ゴーストライダー」の実写化を再検討中か

マーベルのダークヒーローの中でもとりわけ人気の高い「ゴーストライダー」の実写化が再検討されていると、海外メディアのThe Directが報じました。 記事によると、現状では映画かドラマなのかはっきりし …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。