まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にウルトロン・セントリーが登場すると報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にウルトロン・セントリーが再登場すると海外メディア The Direct が独占情報として報じました。数々の噂が飛び交う本作に、またひとつの可能性が追加される事になりました。

sponsored link
 

現在配信中のアニメ「What if…?」ではネクサス・ビーイングとなったウルトロンが猛威を奮っていますが、彼のセントリーの1体、あるいは数体が神聖時間軸に来ることがあれば、そこでウルトロンが復活する可能性もあるかもしれません。

もともとコミックのウルトロンは相当にタフなヴィランであり、アダマンチウム製のボディ(映画版のヴィブラニウム製とは異なる)はもちろん強力ですが、それにも増して、彼は自身のプログラミングコードを1バイトまで圧縮しネットワーク上に潜み、そこから再生するようなキャラクターでした。

コアなファンの多くは2015年の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でのウルトロンのあっけなさすぎるラストに満足していませんでしたが、スーパーヴィランの一人がマルチバースを経て復活する可能性が出てくるのは喜ばしいことです。

ただし、記事ではウルトロンではなく、ウルトロン・セントリーと明記されているため、サプライズを兼ねた賑やかし程度に登場し、再びあっけなく退場する事も考えられそうです。

本作にはその他、キャプテン・カーター、ロキ、シルヴィ、プロフェッサーXなどの登場の噂が出ています。

映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年3月25日 に米国公開予定となっています。

ソース:Doctor Strange In the Multiverse of Madness Will Feature Ultron Bots (Exclusive)

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・アメリカ4」、プロデューサーがコンセプトについて言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのプロデューサーを務めるネイト・ムーアさんが、海外メディア Comicbook.com のポッドキャスト「Phase Zer …

映画「スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース」でスポットはどうなる?声優が今後について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズの映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のザ・スポット/ジョナサン・オーンの声を担当したジェイソン・シュワ …

スカーレット・ヨハンソンがフローレンス・ピューにバトンを渡す、と映画「ブラックウィドウ」の監督が語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」の監督を務めたケイト・ショートランドさんが、ナターシャ …

マンティス役ポム・クレメンティエフさんがアベンジャーズをディスりまくるムービーが公開! ─ AGBOのPR動画

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でマンティスを演じる女優のポム・クレメンティエフが軽妙な音楽とともに流暢なフランス語でアベンジャ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、新映像満載の予告「Team」で「エターナルズ」との関連がほのめかされる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 7月公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より初公開のシーンが満載の新たなトレーラー「Team …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。