まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【噂話】キングピンがMCUドラマ「ホークアイ」で戻ってくると報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

年内の配信に向けて制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に人気のヴィランの一人、キングピンが戻ってくると海外メディア The Dierct が報じました。これはRedditに投稿されたリーク情報が元になっており、Netflixドラマ「デアデビル」でキングピンを演じたヴィンセント・ドノフリオさんが再演すると記事は伝えています。

情報源によると、チャーリー・コックスさん演じるデアデビルは当初、「ホークアイ」で復帰する予定でしたが、スケジュールの都合で出演できなかったと報じられています。

さらに、この報道によると、「ホークアイ」は、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公開と同時期に初演されることになっており、この2つの作品には関連性があるとのことです。

同じ情報筋は以前、「ホークアイ」は今年の11月に開始されると言っていました。つまり、番組の後半のエピソードは、トム・ホランドさん主演の続編の12月17日の公開に合わせることになります。

コミックでは犯罪組織のボスであるキングピン/ウィルソン・フィスクは、「ホークアイ」に登場する聴覚障害を持つヒーロー、エコー/マヤ・ロペスと関係性の強いキャラクター。マヤの父はキングピンの命令で殺害されましたが、キングピンはマヤを養女として育て、デアデビルを父の仇として教え込み、命を狙わせます。

アラクア・コックスさん演じるエコー/マヤ・ロペスがコミックとどの程度同じなのか、何が異なるかなど一切あかされていませんが、以前から配信前にも関わらず、スピンオフプロジェクトの準備が進められていると報じられています。

また、デアデビルは「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に登場すると報じられている事から、この年末にデアデビル、キングピン、エコーの3人が2つの作品を通じてカムバックあるいはデビューし、その後ドラマ「エコー」にて偽りの復讐劇が深く展開されていくのかもしれません。

情報の信頼性について何とも言えない部分もあるようですが、キングピンを演じるヴィンセント・ドノフリオさんはこれらのレポートにイイねをした(その後キャンセルした)と報じられています。

また、ドノフリオさんはNetflixの「デアデビル」が打ち切られた際にSaveDareDevil運動を立ち上げ、続編の再開について意欲的な姿勢を見せていました。

sponsored link
 

今回の報道どおりドノフリオさんのキングピンが戻ってくるのであれば、Netflixでデビューした他のマーベルキャラクターについても大きな一歩となりそうです。

ドラマ「ホークアイ」は、2021年後半にディズニープラスで配信予定です。

ソース:Jeremy Renner’s Hawkeye Series Rumored To Bring Kingpin Back to the MCU

-ドラマ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】ドラマ「ロキ」シーズン2、シルヴィがラストで向かった先はソーとの合流か

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2の最終話が先週から配信され、感情的な結末を迎えました。そのラストシークエンスの一部ではシルヴィとメビウス …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のオークションが11月に開催 ─ コールソンのスーツなど約500点

マーベルとオークションサイトPropStoreが11月からドラマ「エージェント・オブ・シールド」の小道具オークションを開催します。 オークションに出品されるアイテム数は500を超え、コールソンのスーツ …

SSUドラマ「スパイダーマン・ノワール」にニコラス・ケイジさんが交渉中だと報じられる

ソニー・ピクチャーズとアマゾン・スタジオによるドラマ「スパイダーマン・ノワール」の主演として、ニコラス・ケイジさんが交渉の席についていると、海外メディア The Ankler が報じました。ケイジさん …

ドラマ「ムーンナイト」のファーストトレーラーが100万いいねを突破し、歴代トップに

先日Youtubeで公開されたマーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のファーストトレーラーは予告の公開日が予告されるなど、公開前から話題を呼んで …

【噂話】マーベル・スタジオが「パニッシャー」、「ホワイト・タイガー」、「ウィッカン」、「ストレンジ・テイルズ」を検討中

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ5の終わりが近づく中、マーベル・スタジオが現在話し合いをしているという新たなプロジェクトについて、海外スクーパーが報告しています。それによると、 …

PREV
海外ファンが「ワンダヴィジョン」と「ロキ」の奇妙な繋がりを発見し話題に
NEXT
ドラマ「ロキ」、2話の神聖時間軸爆破のあとどうなっていたのか、監督が解説

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。