まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ゲーム

ゲーム「Marvel’s Spider-Man Remastered」のピーター・パーカーの俳優変更に開発がコメントを発表

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

11月に発売予定のPS5のゲーム「Marvel’s Spider-Man:Miles Morales」。こちらのアルティメット・エディションには2018年に発売されたPS4のゲーム「Marvel’s Spider-Man」のPS5向けにリマスターしたディスクが同梱される特典がついており、そのリマスター版の映像が公開されました。

しかしファンの目を引いたのは映像の進化よりも、ピーター・パーカーの顔がまったく違うこと。ピーター・パーカー/スパイダーマンのフェイスモデルとなる俳優が変更されていたのでした。

PS4版「Marvel’s Spider-Man」のピーターは、アメリカ人俳優John Bubniak氏がフェイスモデルを務め、声優のYuri Lowenthal氏が声とモーションキャプチャーを担当していました。

しかしPS5向けリマスター版では、Yuri Lowenthal氏の担当パートはそのままに、ピーターのフェイスモデルがBen Jordan氏へと変更されたようで、IGNが投稿した比較動画を見れば、その違いは一目瞭然となっています。

新しいフェイスモデルはファンの心に刺さらなかったのか、公式動画では高評価の倍近く低評価がついており、コメント欄には反対意見の投稿も目立っています。 開発元の米Insomniac Gamesでシリーズに携わるクリエイティブ・ディレクターのBryan Intihar氏が、ファンに対してTwitterでコメントを投稿。

フェイスモデルの変更は一部ファンを驚かせただろうとし、Insomniac Gamesはそうしたファンたちの反応を理解するとした上で、しかしPS5版をリリースするにあたり、Yuri Lowenthal氏の演技により合うフェイスモデルを見つける必要があったと説明しています。ファンの声に耳を傾けゲームを改善していくと語りながら、フランチャイズの将来を見据えた自分たちの決断を信じてほしいと、呼びかけています。また、SIEの発表文でも、「Marvel’s Spider-Man」のパーカーの礎となっているYuri Lowenthal氏のフェイスキャプチャーにあわせるべく、フェイスモデルを変更したと告知されています。

一方で、 フェイシャル・キャプチャーと声優を担当した Yuri Lowenthal氏は、自身のTwitterにて「僕の顔のせい。顔の骨格がダメダメだから。骨格の責任です」と謝罪のようなコメントを投稿。

リマスター版の Ben Jordan 氏のフェイスモデルはオリジナル版に比べると、より幼い印象を受けるルックスになり、これがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版のピーターを演じるトム・ホランドさんを連想させてしまうのが、海外ユーザーの気になるポイントになっている様子。10年前のゲームならばともかく、わずか2年前のゲームでモデリングを大きく変更したことに対して、大ヒットしている映画版の便乗商法と捉えて嫌悪感を抱くユーザーが多いようです。

もちろんゲームのリマスターであり遊びの面白さは変わらないわけですが、この変更がどのように出るのでしょうか。

sponsored link
 

PlayStation5 (PS5)用ソフト「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」は2020年11月12日(木)発売予定です。

-ゲーム
-,

執筆者:

関連記事

ゲーム「Marvel’s Avengers」の販売&サポート終了へ─最後に向けたアプデ配信も発表

Crystal Dynamics(クリスタル・ダイナミクス)社がゲーム「Marvel’s Avengers」の販売とサポートを2023年9月30日をもって終了する事を発表しました。そして、終了に向けた …

ゲーム「Marvel’s Avengers」、PS限定DLCのスパイダーマンは来年1月配信?─PSオフィシャル本からのリーク

現在発売中のゲーム「Marvel’s Avengers」でプレイステーション版限定として発表されている追加キャラクター「スパイダーマン」の配信時期について、プレイステーションオフィシャルマ …

FortniteにX-FORCE登場!

ゲーム「フォートナイト」にX-FORCEのメンバーが参戦。そのトレーラーが公開されています。 みんな大好き、俺ちゃんことデッドプールはもちろん、リーダーであり未来から来たサイクロップスの息子ケーブル、 …

マーベルが新作ゲームのティザーを公開

マーベルが新作ゲームのティザー映像をSNS上で公開しました。ゲームタイトル等詳細は今のところ不明で、現地時間の明日10時に詳細発表される予定です。公開されたティザーではいくつかのキャラクターを確認する …

【噂話】ゲーム「Marvel’s Wolverine」、リリースは2024年秋か

PlayStation5向けゲームとして制作が発表されている「Marvel’s Wolverine」(ウルヴァリン)に関する新たな情報が飛び込んできました。「Marvel’s Spider-Man」と …

PREV
ドラマ「ミズ・マーベル」主演に新人イマン・ヴェラーニさんがキャスティング
NEXT
映画「ドクター・ストレンジMoM」早ければ10月下旬にも撮影開始─ベネディクト・カンバーバッチさんが明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。