まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「キングスマン」のタロン・エジャトンさんがウルヴァリン役の噂を否定 ─ 「演じられるなら大興奮する」

投稿日:

映画「キングスマン」(2015年)などで主演を務めた俳優のタロン・エジャトンさんが、インタビューの中でMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版ウルヴァリン役キャスティングの噂について否定したと、海外メディア Digital Spy が報じました。2017年公開の「LOGAN」でヒュー・ジャックマンさんのウルヴァリンが終わりを告げて以降、ずっと噂の人物の一人でした。

sponsored link
 

エジャトンさんは噂について「全く真実ではありません。そこに真実味は何もないんです。それは、明らかに、本当にエキサイティングだろうけど、僕は知りません。」と述べました。

続けて、「演じてみたいかどうか?」と質問されると、「ええ、もちろんです。それはジェームズ・ボンドを演じるようなものですよね。あんなに大勢の観客のために役を演じるのは、大興奮ですよね。あの映画は世界で最も観られている映画です。とてもスリルがあるし、素晴らしい役です。でも、噂は真実ではないんです。とてもお世辞がましいですけどね。」とコメントしました。

エジャトンさんはきっぱりと否定したものの、ヒュー・ジャックマンさんからバトンを貰い受けたのが誰かという事はファンが大注目している部分であり、制作側からすればトップシークレットです。MCUのキャスティングについて俳優さんがウソを付くという前例は多く、渦中の本人が否定したとしてもこの噂は映画公開まで収束することはなさそうです。

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」には噂通りウルヴァリンが登場するのでしょうか?それともまだ少しお預けになるのでしょうか?

本作の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』2022年5月映画館にて公開!

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です。

ソース:Kingsman star Taron Egerton addresses those Wolverine rumours again

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ベネディクト・カンバーバッチさん、「スパイダーマン:NWH」の脚本を「あえて全て読まなかった」と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に出演するベネディクト・カンバーバッチさんが、海外メディア USA Today とのインタビューに応じ、今作 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、レッドカーペットライブが6月24日午前9時45分より配信決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のレッドカーペットライブが日本時間の2022年6月24日午前9時45分から配信される事が発表されまし …

映画「ブラックウィドウ」全世界で2億1,500万ドルの興行収入を記録し、2021年1位に

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が全世界で2億1,500万ドルの興行収入を記録したこと、および30ドルのプレミア・アクセスを …

ドラマ「ホークアイ」監督、もともと「スパイダーマン:NWH」への言及はもう少し大きかったと明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のバート&バーティ監督が、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中で …

MCUフェーズ4、制作スタッフが続々と決定 ─ 「ムーンナイト」は2021年ブダペストで撮影開始

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は、他の映画作品同様に新型コロナウイルスの影響を受け、2020年5月に公開予定だった映画「ブラックウィドウ」を筆頭に、公開スケ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。