まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2、第6話は当初10分程長いものだったと言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2の第6話が 27日 に配信され、カホーリの制作を担当したライアン・リトルさんがSNSを通じてファンに感謝を述べています。

sponsored link
 

リトルさんは「4年の制作期間で多くの舞台裏のストーリーや、10分近く長いファーストカット、そしてこの先も追っていくべき物語の糸が残されました。素晴らしい作品の制作を支えてくれた人たちに感謝しながら、エピソードを終えることが出来て誇りに思っています。」と述べています。

さらに、Marvel.com とのインタビューでリトルさんはカホーリの制作を振り返り次のように語っています。

私には、ニューヨーク州北部の先住民族コミュニティと幅広く協力してきた素晴らしい執筆指導者がいました。その経験を活かして、ある場所から書かれた新しい先住民族ヒーローのストーリーを備えた、MCU の完全にオリジナルのコーナーを構築することに興奮していました。
過去の世代への敬意と未来の世代への楽観主義。「KAH-HORTI」と発音されるカホーリは、ウルフ一族の本物の名前で、「彼女は森をかき乱す」、または周囲の人々を動機付ける人を意味します。初めての冒険で、カホーリはその名に恥じないように、人々を救い、歴史の流れを永遠に変えるために強力な同盟者を戦いに参加させなければなりません。

制作に多くの時間を費やしたというカホーリですが、その声を担当したデヴァリー・ジェイコブスさんもそれが簡単ではなかったと Collider とのインタビューにて明かしています。

私が最初にホワット・イフのオーディションを受けたのは 2020年の 8月 の事で、完成まで3年半に及ぶプロセスでした。彼らはコミュニティメンバーを探していて、モホーク語の話者を探していました。でも私はモホーク族ですが、実際には話せません。本当に基本的な会話をする事だけです。しかし、カホーリというキャラクターは私よりもはるかに流暢に話します。だから、オーディションを受けていた時はプレッシャーがあったし、その裏での仕事を確実にやり遂げたかったのです。これは私が学ぼうとしている言語であり、自分の言語だからです。それが正しく行われたことを確信しています。

言語にこだわったこのエピソードのメインパートはモホーク語のまま配信、日本語吹替だけではなく英語の吹替も実装されていません。

物語の最後にドクター・ストレンジが登場した事で、カホーリの「ホワット・イフ」での冒険はまだ続く事が予想されていますが、今後もモホーク語での会話となるのか、英語(及び各言語の吹替)にシフトしていくのかは分かっていません。

残りのエピソード、あるいはシーズン3などでカホーリがどのような役割を担っていくのか、注目となりそうです。

アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン2はディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」は全9話構成か、俳優が言及

マーベル・スタジオが撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」に出演するパティ・ルポーンさんが、海外メディア VanitFair のポッドキャストに …

ドラマ「ミズ・マーベル」の30秒スポットが公開

6月からディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の新たな30秒予告動画「Fantasy」が公開されました。大部分はファーストトレーラーで見た …

【ネタバレ注意】LEGOがMCUの新キャラクターを紹介

LEGOがマーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品のキャラクターをフィーチャーした新商品「LEGO Marvel Minifigures Series 2」の商品ページを …

ドラマ「ワンダヴィジョン」ヘイワード長官役ジョシュ・スタンバーグさん、「自分はメフィストかもしれない」と思った事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」に登場したS.W.O.R.D.の長官ヘイワードを演じた俳優のジョシュ・スタンバーグさんが、海外メディア SiriusXM との …

【ネタバレ注意】ドラマ「シークレット・インベージョン」、監督が結末を明かしてしまったかもしれない

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」のアリ・セリム監督が、海外メディア TVLine とのインタビューの中で本作の特徴とMCU …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。