まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ワンダヴィジョン」、新登場のアグネスは何者なのか

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

待望のトレーラーが公開されたドラマ「ワンダヴィジョン」。主役であるワンダとヴィジョンの他に、存在感をだしているひとりの女性がはやくも話題を呼んでいます。トレーラー公開の記事にも少し紹介した公式にアグネスと名付けられた女性はいったいどのようなキャラクターなのでしょうか。

女優のキャスリン・ハーンさん演じるアグネスは80秒のトレーラーの中で複数回登場しています。その中で前半に登場するアグネスはワンダたちの隣人として描かれていますが、後半、車の中に登場するアグネスはかなり不穏な様相を呈しています。

©MARVEL

車のシーンでは以下のようなやり取りがされていました。

アグネス「私死んだ?」

ヴィジョン「まさか!何でそう思った?」

アグネス「あなた死んでるから」

ヴィジョンの死は「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で学生が作ったアベンジャーズの追悼ビデオにも登場していたことから、この世界では広く知られている事実と考えられます。しかしモノクロシーンやエアロビスタイルで登場している時のアグネスはこの事実を忘れている、または思い出せなくなっており、ワンダの影響を受け本来のアグネスとは別の人間のように振る舞っていたのかもしれません。あるいはアグネスという名も本来のものではない可能性があります。

アグネスはアガサ・ハークネス説

コミックに準じて考えた場合、ワンダと関係の深い人物で似たような名前であるアガサ・ハークネスというキャラクターが存在します。

Agatha Harkness とアナグラム的な命名ですが、コミックのアガサとは500歳を超える魔女でワンダの師匠となる人物。アガサの元で修行したワンダは自身の持つヘックスパワー(確率操作能力)から現実改変能力へとパワーアップすることで、人造人間であるヴィジョンとの間に子供を設けることができるようになりました。また、この修業にはドクター・ストレンジも協力したとされています。

©MARVEL

アガサはワンダを救うべくこの街に来たのか、あるいはワンダのパワーを何かに利用、または我が物にしようとこの街へ来たのか、現状ではどっちサイドのキャラクターかわかりません。例えばS.W.O.R.D.の依頼でワンダの救出にきたものの、その力が欲しくなり方針を変えるパターンもあり得るでしょう。


sponsored link
 

ヴィジョンにストレートに真相を伝えるあたり、味方なのか怪しいキャラクターではありますが、 作品データベースのIMDBによるとキャスリンさん演じるアグネスは全エピソードに登場するようで、重要なキャラクターであることは間違いありません。

一体どのような結末に至るのでしょうか。ディズニープラス独占配信ドラマ「ワンダヴィジョン」は 2020年末 日米同時配信予定です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】ワンダのソロ作品「ザ・ウィッチズ・ロード」は「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の前日譚になると言う

マーベル・スタジオが開発中だという噂のワンダのソロ作品「ザ・ウィッチズ・ロード」はディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の前 …

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、キャスリン・ハーンさんがネタバレ?無声映画になるとも

マーベル・スタジオが現在撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の主人公アガサ・ハークネスを演じるキャスリン・ハーンさんが、The Drew Ba …

ディズニープラスにドラマ「ムーンナイト」のページが到着 ─ レーティングは12+に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の3月30日配信スタートを控え、プラットフォームであるディズニープラスに本作のページが到着し公開されました …

ドラマ「シーハルク」、ティム・ロスさんが主演タチアナ・マスラニーさんを褒め称える

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」に出演するティム・ロスさんが海外メディア ET Canada のインタビューに応じ、主演のタチアナ・マスラニ …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズン 第1話の90秒プレビューが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エージェント・オブ・シールド」ファイナルシーズンのエピソード1のスニークピークが公開されました。 コールソン、デイジー、マック、ディークの4人が …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」に登場のダーシー、ヴィジョンに関わる重要な役どころに?
NEXT
映画「ブラックウィドウ」2021年5月へ再延期に─「エターナルズ」「シャン・チー」も

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。