まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」脚本家がヴェノムシンビオートの未来について言及

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したエリック・ソマーズさんとクリス・マッケナさんが、「IGN Fan Fest 2022」のパネルに出席し、インタビューの中でヴェノムシンビオートの未来について「私たちの権限を越えた話」だと明かしました。

sponsored link
 

ソマーズさんは「可能性は開かれました。エディ(とヴェノム)が帰るところが映ったのとは対照的に、シンビオートは残されました。ですので、将来的におもしろい可能性が残ったというだけのお話です。」とコメントしました。

そしてその将来的なおもしろい可能性についてマッケナさんは、「まったくわかりません。私たちの権限を超えたレベルのお話なんです。私たちはあくまで巨大なユニバースの一員であって、神ではなく、そこに住まうただの人間なのです。シニスター・シックスの6人目がバーから抜け出せなかった、というのはおもしろいアイデアだったと思います。でも彼はちょっとした何かを残していったのかもしれません。繰り返しになりますが、私たちはこの冒険の行く末をすべて知っているわけではないのです。」と述べました。

現状ではヴェノムシンビオートを残していったという事実のみで、その未来はMCUを創造した神と言えるケヴィン・ファイギ社長の頭の中にしかないのかもしれません。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ではピーター・パーカーが相当に傷つきましたが、このピーターがコミックやトビー・マグワイアさんが演じたピーターのようにヴェノムシンビオートに寄生されてしまうのか、それもと新たな展開に持ち込まれるのか、まだしばらく先のお話になりそうです。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は劇場公開中です。

ソース:Spider-Man No Way Home Writers Say There are ‘Possibilities’ for MCU Venom, But It’s ‘Above Our Pay Grade’

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」よりハッピーのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、Maciej Kuciara さんによって描かれたハッピー・ホーガンのアパートが公開されました。このア …

映画「エターナルズ」のサルマ・ハエックさん、クロエ・ジャオ監督とシナリオを巡って大激論した事を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でエイジャックを演じるサルマ・ハエックさんが、海外メディア Elle とのインタビューで監督と大激論した事を …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のファーストティザーとポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(原題:ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネ …

ジェンマ・チャンさん、「キャプテン・マーベル」の後に「エターナルズ」に出演する事になった経緯を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に出演する女優のジェンマ・チャンさんが、本作に出演する事になった経緯を海外メディア The Hollywood Reporter と …

アイアンストレンジ

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」より、劇中未使用のアイアン・ストレンジ公開

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)より、ドクター・ストレンジのアイアンアーマーを着用したコンセプトアートが公開されました。 コンセプトアーティストのフィル・サンダースさんがI …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。