まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「ソー:ラブ&サンダー」、クリス・ヘムズワースさんが「自分のパロディになってしまった」と失敗を認める

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めたクリス・ヘムズワースさんが海外メディア Vanity Fair とのインタビューの中で本作での失敗を振り返り、その理由について見解を示しました。

sponsored link
 

ヘムズワースさんは「即興と奇抜なアイデアに夢中になりすぎて、自分自身のパロディになってしまいました。着地に失敗した感じです。」と上手く行かなかった原因について言及。

コメディが過ぎると評された本作は、ラッセル・クロウさんさえも全能神ゼウスという役割ながらそのシーンのほとんどがコメディであり、MCU最大の俳優の無駄遣いとも揶揄されていました。

1作目、2作目と低調だった「マイティ・ソー」のシリーズは3作目の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」でタイカ・ワイティティ監督の手で見事に再生し、MCU作品の中でも高い評価を獲得しました。

その後、ワイティティ監督は別作品でアカデミー賞を受賞したり、数々の話題作を排出した事で、その監督が4作目の「ラブ&サンダー」を撮るとなり、ファンの期待はさらに膨れ上がっていました。

もともと喜劇やコメディを得意とする監督ですから、「バトルロイヤル」からさらに進化させた「ラブ&サンダー」は順当なワイティティ監督作のように思えましたが、残念な事にマーベルファンが求めていたのはそういう事ではなく、このズレが4作目の低評価レビューを招くことになりました。

ソーは物語の続きがある事が「ラブ&サンダー」の最後に示されていましたが、タイカ・ワイティティ監督は現在別のプロジェクトの最中であり、5作目には関与しないと述べています。

4作目ラストでは敵の娘だったラブを引き取って一緒に生活を送る姿が描かれていましたが、ラブを演じたのはクリス・ヘムズワースさんの娘インディア・ローズちゃんで、彼女は一度きりの演技の仕事と以前に明かしていました。

そのため、物語の流れとしてはラブの再登場の可能性は高そうですが、何らかの理由(成長速度が早いなど)で俳優を変えての登場が予想されています。

また、5作目のプロットについても報じられていました。

4作目の失敗を受け止めて、ソーは次にどこへ向かうことになるのか、今後の展開に注目です。

映画「ソー:ラブ&サンダー」はディズニープラスで配信中です。

ソース:VF

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ2」に「ベビー・シッターズ・クラブ」のコキトル・ゴメスさんがキャスティング

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年公開予定の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にNetflixのドラマ「ベビーシッターズクラブ」の …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より、ドーラミラージュを目指す少女の物語を描く書籍が発売

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオとディズニーは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のサイドストー …

ブリー・ラーソンさん、映画「キャプテン・マーベル2」のニア・ダコスタ監督を絶賛

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の主演ブリー・ラーソンさんが、次回作の監督に抜擢されたニア・ダコス …

ヒュー・ジャックマンさんの投稿がディズニーによって削除されている事が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」でウルヴァリンを再演するヒュー・ジャックマンさん …

【噂話】映画「エターナルズ」はディズニープラス限定のディレクターズカットが配信される?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」について、英国映画分類委員会(BBFC)は、劇場版 …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。