まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ギャレス・エドワーズ監督が「ソー5」の噂を否定、でも「MCUは大好き」

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

「GODZILLA ゴジラ 」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ザ・クリエイター/創造者」などを手掛けたギャレス・エドワーズ監督がマーベル・スタジオのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー5」の監督として検討されているという噂について、監督本人がコメントしました。

sponsored link
 

海外メディア BroBible の ポスト クレジット ポッドキャスト に出演した監督は「ソー5」の噂について質問され、次のように回答しました。

「私もその噂を見ました。私はそれを見て、冗談めかしてガールフレンドに送りました。私は彼女にリンクをテキスト メッセージで送り、『こんな方法で知られたくなかった』と伝えました。実際の所、それについては何も聞いたことがありません。本当に…インターネットは素晴らしい場所です。」と、スタジオからのオファーは届いていない事を明らかにしました。

その一方で「私はマーベルが大好きで、私の友人の多くはマーベル映画に携わっています。個人的にはMCUの未来にとても興奮しています。 」 と述べ、「ソー以外の映画やシリーズもすべて大好きなので、見に行きますし、ほとんどはDVD/Blu-rayの棚にあります。でも、私はオリジナルのSFを追求し続けたいと思っています。この答えで満足いくでしょうか?MCUの監督を絶対にしないという意味ではありません。適切な状況であれば、起こりうるでしょう。」と将来的な可能性についてコメントしました。

ソー3作目の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」をヒットさせ、4作目の「ソー:ラブ&サンダー」を手掛けたタイカ・ワイティティ監督は5作目のメガホンを取らない理由について「これらの映画の制作に2年半休みなく取り組むのは、非常に骨の折れる作業です。一休みする必要がありました。」と述べ、カズオ・イシグロ氏の小説「クララとお日さま」の実写化に集中したいと語っています。

ソーを演じるクリス・ヘムズワースさんは2022年のインタビューで5作目について「トーンも何もかもを変えたバージョン」にしなければならないとコメントしており、スタジオはそれらの意見を汲み取った新たな監督を探している最中だと見られています。

映画「ソー:ラブ&サンダー」はディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

ソース:‘The Creator’ Director Gareth Edwards Addresses Rumors He’s Being Eyed For ‘Thor 5’ (Exclusive)

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【噂話】「ワンダヴィジョン」等に登場したダークホールドの作者はコミックとは異なる?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」や映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場した魔術書ダークホールドが、原作コ …

映画「ドクター・ストレンジ2」幻のOPがポスターに描かれていた事が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の削除されたオープニングシーンの一部が、本作のポスターに描かれていた …

映画「ブラックパンサー」シリーズの監督が誤認逮捕されていた

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」と現在制作中の「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でメガホンを取っているライアン・クーグラー監督が、2022年1月に銀行強 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ドクター・ドゥームのイースターエッグが明かされる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のオーディオコメンタリーの中で、本作に登場したミスター・ファンタスティック/リード・リチャー …

映画「エターナルズ」「シャン・チー」の邦題と公開日、日本語ロゴが発表

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」と「シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス」の日本公開日と邦題、そして日本語バー …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。