まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「ザ・マーベルズ」監督は「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に不満があると言う

投稿日:

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のニア・ダコスタ監督が、海外メディア Total Film Magazine とのインタビューの中で、2022年公開の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に不満を持っている事を明かしました。

sponsored link
 

極度のコミックオタクを自称するダコスタ監督は、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」が導入した「インカージョン」がコミックと大幅に異なることについて、「とてもストレスだった」と言います。

MCUのインカージョンについて、ジョン・クラシンスキーさん演じるミスター・ファンタスティック/リード・リチャーズは劇中、「君(ドクター・ストレンジ)が来たことで我々の宇宙は不安定になっている。君の行動の影響が大きいほどインカージョンのリスクが高まる。2つの宇宙の境界が侵食しあって衝突するとインカージョンが起こる。それによって少なくともひとつの宇宙が完全に滅びる」と説明しました。

MCUのインカージョンはその宇宙に属さない別の宇宙の人物の行動が起因となるようですが、これはコミックにはない設定です。

コミックではこういった超常的自然現象ではなく、セレスティアルズをも凌駕するコズミックビーイングのビヨンダーによって引き起こされている事象でした。また、ひとつのインカージョンが終わるとマルチバースが収縮し、その余波によってさらなるインカージョンが発生し、マルチバース全体が徐々に崩壊していくものでした。

監督はインカージョンにビヨンダーが関与していない事が後の「シークレット・ウォーズ」にも大きく影響を与えると考え、不満が残っていると述べています。

一方で、2023年1月、MCUの「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にはコミック通りビヨンダーが登場するとも報じられました。ただしこの時、ビヨンダーはコミックのようなコズミックビーイングではなく、征服者カーンの変異体の一人として紹介されるとも言われていました。

そして2023年春の「アベンジャーズ」コミック新シリーズではビヨンダーが再来しており、MCUの将来的なプロットになるのではないかとも考えられています。

インカージョンの設定が異なる事について、超常的存在であるビヨンダーが黒幕だったとはその時点で気づけなかったと、後付で軌道修正も可能と考えられそうですが果たしてどうなって行くのでしょうか。インカージョンは今後、「ロキ」シーズン2や、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のポストクレジットシーンから続くであろう「ドクター・ストレンジ3」でも焦点があてられると考えられています。

今後公開されるアベンジャーズの2本の映画についてまったく知らされていないとも明かしているニア・ダコスタ監督。「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」を不満だったという彼女を納得させる内容になるのか、今後の展開には注目です。

映画「ザ・マーベルズ」は 2023年11月10日 に劇場公開予定です。

ソース:The Marvels director teases potential Ronan the Accuser link to Zawe Ashton’s villain

-映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】WGAスト終結を受けて、マーベル・スタジオ幹部が映画「X-MEN」に向けた脚本家会議を開始

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「X-MEN」の制作に向けて、脚本家会議を近々開催する予定だと、海外メディア Deadline が報じました。24日、WGA(全 …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、グルートの最後の言葉についてガン監督が説明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に登場するグルートは様々な姿で観客を楽しませましたが、そんなグルートの最後 …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、カーンの削除された能力が明らかに

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の新たなコンセプトアートが公開されました。アーティストの Aleksi Briclot …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のデジタルリリースは3月1日から?米MSで予約が始まる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のデジタル版が米マイクロソフトのページに登場し、2022年3月1日から利用可能になっている事が明らかになりま …

映画「ソー:ラブ&サンダー」の神々のコンセプトアートの中にサイトラックを確認

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、オムニポテンスシティに登場した神々のコンセプトアートが公開されました。その中にはX-MENに関 …

ロキ シーズン2関連記事

 ロキ シーズン2関連記事

ロキ シーズン2の関連記事一覧はこちら

シークレット・インベージョン関連記事

 シークレット・インベージョン関連記事

シークレット・インベージョンの関連記事一覧はこちら

シーハルク関連記事

◆2023年11月10日「ザ・マーベルズ」
◆2024年2月14日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年7月12日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2024年7月26日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年12月20日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。