まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、メイおばさん役マリサ・トメイさんはMCUに戻る気満々である事を明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主人公ピーター・パーカーの保護者であるメイおばさんを演じたマリサ・トメイさんが、今後のMCUでのメイおばさんの再登場について自身の考えを明かしました。

sponsored link
 

The Tonight Show with Jimmy Fallon に登場したマリサ・トメイさんはインタビューの中で、今後のメイおばさんについて語りました。

番組の中でトメイさんは「ああ、そうそう、マルチバースがあるんです。もともと秘密にしていたことですが、今では多くの人が知っています。でも、誰かに聞かれたとしても、私自身はマルチバースを理解していません。素晴らしい監督のジョンと、「それで、私は今どこにいるの?OK、じゃあ、もう1回説明してくれる?』って。」と、マルチバースについて理解していない事を明かしました。

そして、「MCUに戻ってきて、またその一部になりたいと思います。そこには歴史もある。メイ・パーカーはアントマンとイチャツイたり。まあ、つまり、彼女はもちろんスタンドアローンのキャラクターだけど、もっと探れる道があるのよ。」と述べました。

マリサ・トメイさんの言うようにマルチバースを介してキャラクターが戻ってくる可能性は否定出来ず、映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ではFOX映画「LOGAN」で死んだプロフェッサーXが戻ってくる事が示唆されています。

とは言え、メイおばさんとは少し事情も違い、実際にメイおばさんが戻ってくるためにはかなりの説得力を持った脚本が必要になってくるでしょう。マルチバースを介した登場よりも回想シーンでの再登場のほうが可能性としては高いかもしれません。「スパイダーマン4」以降でメイおばさんの再登場はあるのでしょうか?

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は劇場公開中。

デジタルリリースは 2022年3月23日、UHD、Blu-ray、DVDなどディスクは 2022年4月27日 発売です。

デジタルレンタル配信は4月13日、ディスクレンタルは5月3日よりスタートです。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からレッドスカルのコンセプトアートが公開

2018年に公開された映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ではレッドスカルが久々に登場し、死神のような様相を呈していてファンを驚かせました。 映画公開から約2年、マーベル・スタジオのビジュア …

映画「ブラックウィドウ」全世界で2億1,500万ドルの興行収入を記録し、2021年1位に

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が全世界で2億1,500万ドルの興行収入を記録したこと、および30ドルのプレミア・アクセスを …

映画「エターナルズ」のサルマ・ハエックさんがエイジャックの作中での役割と将来希望するクロスオーバーについて明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でエイジャックを演じるサルマ・ハエックさんが、今作におけるエイジャックの役割を説明しました。また、将来的にMCUで誰と共演したいかに …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国レーティングはPG-13に

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国におけるレーティングが、前作「ヴェノム」と同じくPG-13になることがソ …

映画「ニュー・ミュータンツ」のIMAX版ポスターが公開

2020年8月28日に米国公開予定の映画「ニュー・ミュータンツ」のIMAX版ポスターが公開されました。 sponsored link   experience the #NewMutants in @ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。