まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

訃報 ─ サンダーボルト・ロス長官役ウィリアム・ハートさん、71歳で死去

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「インクレディブル・ハルク」、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」などに出演したオスカー俳優のウィリアム・ハートさんが現地時間の2022年3月13日に亡くなっていた事を、海外メディア Deadline が報じました。

息子のウィルさんによる発表は次のとおりです。

2022年3月13日、72歳の誕生日の1週間前に、最愛の父でありオスカー受賞俳優であるウィリアム・ハートが亡くなったことを、ハート家は大きな悲しみとともに悼みます。彼は家族に囲まれながら、自然死で安らかに息を引き取りました。家族は、現時点ではプライバシーを守ることを求めます。

ウィリアム・ハートさんは、1980年に俳優デビューし、そのわずか5年後にオスカーを受賞しました。1980年代半ばには、「蜘蛛女のキス」(1985年)、「愛は静けさの中に」(1986年)、「ブロードキャスト・ニュース」(1987年)で3度アカデミー主演男優賞にノミネートされ、2005年、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」で4度目のアカデミー賞候補となりました。

2008年、ルイ・ルテリエ監督の「インクレディブル・ハルク」でサディアス・”サンダーボルト”・ロスとしてMCUデビュー。その後もMCUを通して度々登場し、2021年公開の「ブラックウィドウ」にも出演しました。

©MARVEL,Disney

「キャラクターを考えなければならない。」と、ハートさんは以前にMCUの役について語っています。「アーティストとして、”自分が演じているキャラクターは十分に面白いか”と問うことが私の仕事です。彼は人間として十分に真実なのか?信じられるか?それが私のアンカーです。本当に優れたアーティストたちは、それをやり遂げる。これらの映画で働くことは、私にとって歌のようなものでした。ルッソ兄弟は一緒に仕事をするのに最適な人たちです。」

さらに、「結局のところ、人なんです。アイデアがあり、イマジネーションがある。それがページの上にあり、素晴らしいものを反映してくれる。でもね、この仕事では、私たちは生き物なんです。部屋で一人、本と向き合っていても、素晴らしい時間を過ごすことはできないんだ。一緒に働いている人たちがすべてなんです。それが一番大事なことですね。」とも語っていました。

ウィリアム・ハートさんの最後の映画出演は、2022年初めに米公開されたショーン・マクナマラ監督の「The King’s Daughter」(日本未公開)です。

謹んでご冥福をお祈りします。

ソース:William Hurt Dies: Oscar-Winning Actor For ‘Kiss Of The Spider Woman’ Was 71

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ディズニー+が日本でもサービス開始決定

ウォルト・ディズニー社が動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」を2020年の後半にも日本で開始すると明らかにしました。ディズニーが過去に配給した映画や独自作品を見られる同サービスは、米国と欧州を中 …

映画「ドクター・ストレンジ2」に「ベビー・シッターズ・クラブ」のコキトル・ゴメスさんがキャスティング

2022年公開予定の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にNetflixのドラマ「ベビーシッターズクラブ」のコキトル・ゴメスさんがキャスティングされたと海外メディアの …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ケヴィン・ファイギ代表が期待値を上げすぎないよう警告

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、海外誌 Empire Magazine の12月号で、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にまつわるファンの期待について語りました。特に、これまで …

【噂話】MCU版「スパイダーマン3」にヴェノム登場か

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版の「スパイダーマン3」にヴェノム役のトム・ハーディさんの登場を検討していると海外メディアの the Direct が報じました。先日 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ラストシーンのスパイダースーツのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主演のトム・ホランドさんがラストシーンで着用していたスーツのコンセプトアートが公開されました。アートはマー …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。