まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:NWH」、脚本家がピーターの決断の影響について「別の映画で」とコメント

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は世界興行収入が15億ドルを突破する大ヒットとなり、熱狂するファンが多く絶賛されていますが、一方でMCU作品の中でも多くの説明不足、あるいは矛盾点とも取れる内容を抱えています。本作の脚本を担当したクリス・マッケナさんとエリック・ソマーズさんは海外メディア Variety とのインタビューの中で、ピーターが最後に下した決断の結果について説明しました。

※これより先は「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

本作のラストではスパイダーマン/ピーター・パーカーが事態の収拾を図るため、ドクター・ストレンジの魔術によって「世界中の全ての人々からピーター・パーカーの記憶を消しさる」ことでなんとか解決に至りました。

この事が原因でタイトル通りピーターは「ノー・ウェイ・ホーム」、つまり帰る家がない状態となりました。しかし、この「記憶が消える」現象についてほとんど説明されておらず、実際にどういう状態であるのかが観客にはほとんど理解する術がありません。

この現象についてソマーズさんは「これについて話したのはこれが初めてです。私たちは彼が写真から消えていくような、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的なことをしたでしょうか?彼はまだ運転免許証やパスポートを持っているんでしょうか?このことは多くの疑問を残すことに繋がりました。」と現状を明かし、マッケナさんは「私たちは最も納得のいく方法でこのことを実行し、主に感情的な部分に焦点を当てようと決めました。そしてここで回答されなかった疑問がある場合は、別の映画で回答できることを願っています。」と述べました。

映画のラストで新たなアパートでの新生活を始めたピーター・パーカーはGED(General Educational Development:一般教育修了検定)、つまり高卒認定試験の対策本を携えていました。これはつまりピーターが高校を卒業出来なかった事を現しており、ピーターに関する記憶、つまり在学記録すら消えてしまっている事を表現していると推測出来ます。

そうなるとソマーズさんが言うように多くの疑問が出てきます。運転免許証は不明ですが、「ファー・フロム・ホーム」でパスポートを持っている事は判明していますし、そもそも市民権や国籍がどういう状態にあるのかも不明です。MJやネッドと一緒に撮った写真などはどうなるのか、メッセージアプリのログはどうなるのか、などの疑問が次々と浮かび上がりますが、一方でMJは「ファー・フロム・ホーム」でピーターに貰ったブラック・ダリアのネックレスをしており、視聴者はさらに混乱に陥れられています。

マッケナさんはこれらの疑問について「別の映画で回答」する方針のようなので、多くのファンはしばらくの間、答えの出ない議論を楽しむ事になるようです。

なお、「ヴェノム」との矛盾点については別の記事にて二人の説明を紹介しています。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 より日本公開中です。

ソース:‘Spider-Man: No Way Home’ Screenwriters Explain All Those Surprises and Spoilers: ‘This Wasn’t Just Fan Service’

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」にアベンジャーズが登場するかもしれないと憶測を呼ぶ

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公開を5月に控え、様々なグッズの予約が各国で始まっています。その中 …

映画「エターナルズ」の新たなTVスポットが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の新たなTVスポットが「Forever」、「Evolve」が公開中です。短い動画ですが、エターナルズとその敵 …

【映画紹介】「マイティ・ソー/バトルロイヤル」【MCU Vol.17】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2017年公開の映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」 …

ドラマ「ギフテッド」ではポラリスの父マグニートーの名前が使えなかった事が明かされる

20世紀FOXが制作したX-MENのドラマ「ギフテッド」のショーランナーを務めたマット・ニックスさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、本作の制作にあたって映画に触れて …

「シャン・チー」は早くも次の舞台へ、主演シム・リウさんがほのめかす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の主演シム・リウさんが、海外メディア RadioTimes とのインタビューの中で、は …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。