まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が米国オープニング週末興行収入歴代3位に

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先週公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が記録的な大ヒットをしていると海外メディア The Hollywood Reporter が報じました。本作はオープニングウィーケンドで米国で2億5300万ドル、世界で5億8720万ドルの興行収入を達成したことが明らかになっています。

sponsored link
 

2021年に記録を樹立してきた「ブラックウィドウ」は劇場公開期間中に3億7960万ドルを売り上げましたが、こちらはディズニープラス プレミア アクセスで同時公開されたことで単純比較は出来ません。また、「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は劇場公開期間中に米国内で2億2450万ドル、全世界で4億3220万ドルを稼ぎました。「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はオープニング週末だけでこの数字を上回る事になりました。

ソニー・ピクチャーズのモーション・ピクチャー・グループの会長兼CEOであるトム・ロスマン氏は、「今週末の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の歴史的な結果は、世界中で多くの困難に直面している中、劇場独占映画が展望と決意を持って製作・販売されれば、比類ない文化的インパクトを与えられることを再確認させてくれました。」とコメントしています。

なお、オープニングウィーケンド記録の歴代1位は「アベンジャーズ/エンドゲーム」で米国3億5700万ドル、2位が「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で米国2億5700万ドルとなっており、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はわずかに及ばず3位となりました。

しかしこの所は新型コロナウイルスのオミクロン株の急速な感染拡大が確認されており、オランダなどの国や地域で再度の劇場閉鎖が始まっています。そういった情勢も含めて、今後どこまで記録が伸びていくか注目が集まっています。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 に米国及びその他多くの国で公開、2022年1月7日 に日本公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Box Office: ‘Spider-Man: No Way Home’ Soars to Record $253M U.S. Opening, $587M Globally

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」、延期の意外過ぎる理由が明らかに

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」が夏映画から冬映画へと変更された理由について、本作のプロデューサーを務めるマット・トルマッ …

「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」、「ロキ」のジョナサン・メジャースさんがカーンと在り続ける者はただの別人だという

マーベル・スタジオ制作のドラマ「ロキ」でMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)デビューしたジョナサン・メジャースさんが海外メディア GamesRadar+ とのインタビューの中で、現在撮影中の …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、クリス・プラットさんがクイルの最後の決断について語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のグローバルプレスカンファレンスの中で、主演のクリス・プラットさんが …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のアトランティスは名称が変更されるという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」に登場する海底国家が、コミックでアトランティスと呼ばれているのとは異なる名称になる …

【噂話】MCU映画「ブレイド」の脚本家変更はこれで最後か

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」からヤン・ドマンジュ監督が降板すると先週報じられました。この時、新たな脚本家としてエリック・ピアソンさんが参 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。